次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-10-09

    太鼓練習中1

    22:12

     「本番の学芸会が24日の土曜日。21日が児童公開ね。ということは,遅くても19日には自信をもってやれるようにしたいよね。13日からの週で,みんなで合わせるとすると,9日の金曜日には,自分のところは,楽譜を見ないでできるようにしないとね。みんなでお互いに見合いアドバイスし合おうね。みんなで舞台を成功させよう。みんなで一生懸命練習して,楽しい学芸会にしようね。」

    と伝え,練習内容をほぼ,子どもたちにお任せしたのが5日(月)。子どもたちは,みんなで相談しながらもひたすら自主練習。

     お手本とするDVDでの演奏は,ステージにスクリーンで映しておきました。適宜必要に応じて確認できたりするように。



     7日もその自主練習を続けていたのですが,しばらくするとなにやら子どもたち同士で相談して,みんなで合わせてみることになったらしいです。

    「じゃあ,いい?行くよ~」

    なんて言って,お互いに声をかけ合いながら,曲の最後までチャレンジしているではないですか。自然発生的に。見ていた私や協力学級の先生もびっくり。なんと,なかなか形になっているじゃないか。すごいなあ,みんな。

     もちろん,繰り返す回数が違ったり,迷いながら打つところもあったりと,演奏的にはまだまだ不十分なところもありますが,自分たちだけで練習し,自分たちで見合いアドバイスし合い,まずはここまできたことが本当にすばらしい。

     ここまでくるのが実は難しいのです。あとは自分ができるところとまだできないところをはっきりさせて練習を積むことと,仲間と呼吸を合わせること,かっこうよくたたくことなどです。これで次の段階に入れます。

     こんなに短期間でここまでくるとは思わなかったなあ,すごいぞ,みんな!

     行事の取組だって,実は教科のそれと何ら変わらないんだよなあ。