次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-08-31

    「やったあ、Aだ!」

    22:28

     今日は理科でホウセンカの観察。観察カードを書きました。

    「今日調べてほしいことは3つです。」

    「①花の色や形、②実や葉の様子、③ホウセンカの高さ」

    「Aの基準は・・・・、Bの基準は・・・・・、Cは・・・・・、です。みんながAを取れるようしてくださいね。」

    でスタート。

     いわゆる勉強がいまのところ苦手な子も、みんなと観察しながらみんなと書けば、書けます。書きながら、

    (ああ、そうか、こんなふうに書けばいいんだあ。なんだあ)

    と思うでしょう。

    「先生、書けたよ~。」

    と持ってきてくれます。

    「どう?自分でも読み返したかい?3つのポイントについて書いてある?」

    と問いかけながら。

    「やった~、Aだ~」

    と喜んで帰っていく子たちをみると、うれしくなります。

     (そうそう、今できることもできないこともあってもいいからさ、それでも前に進んでいこうね~)

    と思うのであります。