次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-08-27

    小さな積み重ね

    20:38

     図工で小刀の使い方をしました。

    「ならば,えんぴつをけずろう!」

    ということで,今回は「小刀で鉛筆削り」がテーマ。

     「『ちょっと危ないこと』に向かう体験をさせたいなあ…」,「練習するとだんだんとうまくなっていくという経験を積ませたいなあ」というのが,実は私の中では授業の中心課題。

     はじめはおっかなびっくりだった子どもも30分くらいやっていると,だんだん慣れていきます。しかし,その「慣れ始めたころ」が実は危ないのですね。

    「はーい,だんだん慣れてきた人が多くなってきたようだね。実は慣れ始めたころが一番危ないんだよ。気を引き締めていきましょうね。」

    と。ナイフに限らず,あらゆることに通じるので,今後も

    「ほら,あの小刀の時にも経験したよね…」

    で通じます。

     「練習すると(急にではないけど)うまくなる」ということも同じ。練習してうまくなってきた,ということを体験し,次の活動へのイメージにつなげられることが,きっと自分への自信につながっていくんだと思います。自信は他人との比較から育つものではありません。やれるようになってきたプロセスを感じられるか,感じているかではないかなあ,と思っています。

     小さなことの積み重ねを大切にしてきたい。