次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-07-31

    『遊び』と『学び』

    11:07

     「遊び」と「学び」の違いは何だろう。

    遊んでいる時間でも学べるし,学んでいる時間でも遊ぶこともある。

    そもそも「遊び」ってなんだろう?「学び」ってなんだろう?

    楽しいのが「遊び」で,楽しくないのが「学び」??

    いやいや,違うでしょ(笑)

    やりたくてやるのが「遊び」で,やらされるのが「学び」?

    いや違うなあ…。(時に『勉強』っていうと,やらされ感もあるかな)

    先生がいないのが「遊び」で,先生がいるのが「学び」?

    うーん,なんかこれも違うなあ。

    気分で始めるのが「遊び」で,明確な目標があるのが「学び」?

    こういう一面はあるかもな…。でも目標がある「遊び」もあるし,目標のない「学び」もあるかも…。(笑)


    スマホの辞書では「遊び」には

    「気晴らしをしたり,楽しんだり,刺激になったりするような活動」

    「決まったルールよりも想像力に導かれるような子どもの遊び」

    「楽しみを与える行動」

    などという説明があります。

    一方「学び」は

    「学ぶこと」

    「学問」

    と。


     わたしの印象は,遊びの方が範囲が広くて,遊びの中に学びがあるってことだなと思いました。同一であることだってありますね。

     いわゆる学校で嫌われる「遊び」は,いわば教師の課題からはずれた,または教師のコントロールから外れた状態を指すことが多い気がします。いい遊び?(笑)と区別すると「お遊び」ともいいましょうか。(でも,そのいい悪いも実は教師の都合が決めるからなんとも言えないこともあるけど)

     徹底的に「自主性」「主体性」を達成して行けば,遊びと学びは,なんだ,同じなんだなあ。

     もうちょっと考え続けたいテーマです。