次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-06-27

    民主主義は『教育』システム

    21:33

    「ここでは,大人も子どもも対等のパートナーなのである。」

    (中略)

    「ここで,人はなによりも,民主主義が,単なるシステムではなくそれによって人が成長していく『教育』システムでありうることを学ぶのである。」


    むむむ。すごい言葉に出会ってしまった。

    『決める』

    07:17

     毎週,クラスの掃除や給食の当番は変わります。

     月曜日の朝は,クラスの真ん中にある座敷と,その周りにあるベンチに集まって

    「今週の当番を決めっぺ!」

    という感じでみんなが集まります。座卓の上に,役割を書いた大きなホワイトボードを置いて,自分が今週やる・やりたい役割のところマグネットのネームカードを貼っていきます。

     重なれば,譲り合ったり相談したり,時にはじゃんけんしたり。そんな感じで決めていきます。毎週,です。

     はじめてこれをしたときには,掃除と給食の当番を決めるのにも20分くらいかかりました。でも毎週やっているうちに,なれてきます。今では,5分くらいでいけます。

     決めるプロセスの中に学びがあると思っているから,「面倒くさい」と思ってもそういう場をつくります。よくある,ダイアル式の当番表なら自動的に役割が決まりますから,効率的ですが,そこに子どもたちの意志はあまり反映されません。わざと「権利」と「権利」のぶつかり合いがおこうる場面を設定します。そこで,だれもが「そこそこハッピーな状態」になるにはどうするかを学ぶ機会です。

     初期の段階では,自己中心的に自分の主張を押し通そうとする子もいます。自分の役割が決まったとなれば,あとはその後の話し合いの成り行きに興味を持たず遊び始める子もいます。すぐに「じゃんけんすっぺ」と言い出す子もいます。しかし,その中でも調整役として話し合いの舵取りをしようとする子もいます。自分の希望を押さえても友達に譲ることも出来る子がいます。

     継続しているうちに子どもたちも分かってきます。自己主張するだけでは自分が損すること,一方で譲ってばかりでもだめなこと,自分さえよければではだめなこと,どの仕事でもいいよ,といえる方が格好いいこと,この役割じゃないといやだとか言う人は結局その選んだ役割すらきちんと行わないこと,などなど。

     選んだからには責任がある,選んだ役割さえ果たせないようでは役割を取り上げられます。責任を果たす人には当然「信頼」というものが付いてきます。なかなか厳しい。でもそういうものです。

     そして,失敗したら,もう一度やり直す機会をつくります。

     そんなんですから,小さなトラブルはよくあります。ごたごたするときも結構あります。見た目「ご立派」なクラスではないかもしれませんが(笑)彼らはなかなか「つよい」です。

     毎日がけっこう楽しい。

     でも,見守るのにもけっこう神経が疲れる…。携帯電話が,圏外地域で必死に電波を探して,電池を消耗する疲れみたいなものかなあ。

     でも,それはそれで楽しい。


    子どもたちには,将来の石巻宮城を支えていく「市民」に育ってほしい。