次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-05-20

    大切なところ

    22:46

    目標と学習と評価の一体化。

    目指していることに向かって、取り組んでいることが、どのくらい達成できたか、できつつあるかを振り返ってみること。そして、その先により進めるためにどうするかを見通しを持つこと。

    運動会だって、学校教育目標に向けての年間の教育活動の一つの節目。だから、総練習の反省会だって、その運動会のねらい達成にむけて今の時点でどのようであり、本番までの数日にどこをさらに子どもたちと創って行く必要があるだろう ?みたいな中味はどうしても必要だ。必要というより、そっちがメインになるはず。

    決して、うまくこなす、効率的に運営することが第一にすることではない。

    運動会が終わったら、必ず、学校教育目標に照らし合わせながら運動会の振り返りをする機会をつくらないといけない。

    ここ大切なところ。