次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-04-20

    だんだんと

    22:30

    天候が,今ひとつよくないという予報が出ていたので,算数を2時間連続に変更。

     「教科書の○ページから○ページね。あとはそこに関係のあるドリルのページは○ページから○ページだから,そっちもいっちゃっていいよ。」

    とそんな感じでスタートです。とはいえ,昨日までの勉強ですでに今日のところも終えている子もいるので,スタート段階からけっこう取り組むことは異なってきます。

     中学年らしいがむしゃら感が見ていて清々しい?笑

     自分のペースでやっていい,というのがまだ新鮮なため,とにかくがりがりやっている。たいしたもんだなあ,と思います。ずっと算数をやっていると,なかには疲れて来る子も出てくるし,あきてくる子も出ます。

    「疲れたの?ちょっと休憩したらいいんじゃない?」

    なんて声をかけることもあります。

    「少し本でも読んでさ,気分転換してまたスタートしてもいいんじゃない?」

    「ちょっと漢字の練習をして,また気分が乗ってきたら算数にもどってもいいし。」

    みたいなことを声をかけながらの2時間。

     まだ学期当初なので,1時間単位の課題を一応与えていますが,だんだんと幅を持たせた課題にだんだんと移行していく準備を進めてみたいです。

     今は様子を見ながら,です。

     あんまり「みんなが」「みんなが」と言わずにも,ゆるゆると,それでもみんながみんなと学ぶことを楽しむような時間と空間がだんだんと出来るようになるといいなあ,と思っています。焦らずゆっくり。