次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-04-16

    語り,?

    22:38

     『学び合い』の語り,というのは重要だとは思うのだけれど,ここ1,2年は,それほど時間をかけて語ってはいないなあ。

     言葉で言っても,なんか伝わらない部分が多き気がして。やっているうちにだんだん分かるかなあ,とかそんな軽い感じなんです。

    「みんなとやったほうが絶対楽しいからさ。」

    とか

    「本当に分かるまで,よくばってやらないと損でしょ?」

    「勉強する時間には勉強した方が楽しいでしょ?野球しているときに算数したらおかしいでしょ?それと同じじゃんか。」

    とか,くだらないことをちょこちょこ言いながら,ぼちぼちやる,そんな感じなんです。

     前は,けっこう熱く語ったこともあるんですけど,熱くなればなるほど伝わらなくなっている感を感じたもので。ちょっと肩の力を抜いて~って感じなんですよね。