次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-04-26

    学習参観・学級懇談会

    06:53

    先日は学習参観から、学級懇談会。

    学習参観は、国語国語辞典の使い方」の第1回目。ことばがどんな順で載っているかを、具体的な言葉例にしてお家の方々に説明することを課題にしました。

    ちょっと、初回にしてはハードルが高かったようで、達成率は今ひとつでした。しかし、45分なんとかしようとあれこれ相談していた姿、五十音表持ち出して友達に説明をしようとしていた姿などから次回に期待が持てる要素はありました。途中わけがわからなくなって涙する子もいましたけど、国語辞典はこれからの学習で何度も使っていきますから今回だけでうまくできなかったとしても大丈夫。使っていくうちに大丈夫になります。

    「今日残念ながら、全員達成とはいかなかったね。次回からも今日の課題は気にしていきましょうね。」

    「次もあるからさ。」

    こんな感じで授業は「つづく」です。

    学級懇談会は、教室のサークルベンチで。今年の教室レイアウトは、このサークルベンチが中央にあるので必然的に学級懇談会もここになります。机を寄せ合ってするよりも、この近い距離感はなかなかいいのではないかなあという見たて。懇談会は、「4月はこんな風に過ごしてきました!」ムービーをみんなで視聴。10分程度です。ありのままの教室・授業・活動風景を見ていただきます。実際の子どもたちの姿や表情を感じて頂くこととと、そこにキャプションを所々入れながら担任としての方針やねらいを端的に伝えることが目的です。

    その後は、フリートーク&「親からクラスへのメッセージ」作り。保護者の方々がいいので、笑い声の絶えない感じで進みます。作業しながら、の方が会話のハードルも下がるのかもしれませんし。ムービーを見ておくことも軽いアイスブレーク作用もあるかなあ。

    「親からクラスへのメッセージ」は、教室にそれでも継続的に保護者の息遣いや願いを置いておきたい、親と子どもと教師の願いを実現していく1年間にしていきたい、して行こうね、という意味合いです。具体的には「こんなクラスになってね」「こんな大人になってね」というテーマで保護者に画用紙に寄せ書きをしてもらいます。ここに現れる願いは子どもたち自身や教師の願いとほとんどズレはありませんから、ここで目的の共有の第一段階を創るイメージ。後は、学期ごとの懇談会で振り返ったりバージョンアップを図ったり、という感じにします。そして学期ごとのムービー視聴も合わせて。願いと事実年間を通してすり合わせていくのはクラスでの活動と同じです。本当は日常を通して、例えば週に1、2回ふらっと教室に遊びに来てくれるお母さんやお父さんがいると面白くなりそうですね。

    2015-04-23

    新年度後2週間

    23:08

     私が好きな時期。新年度後2週間あたり。

     新年度始まりの,教師と子ども,お互いにちょっと緊張感のある時期よりも,慣れ親しんできてだいたいお互いの距離の取り方も感覚で行けちゃうようになるこの時期が好きだなあ。

     子どもたちの自然な良さも見えてくるし,こちらも妙に構えずに関われる,そんな感じ。

     いわゆる,年度当初の「黄金のなんちゃら」よりも,私はここからを大切にしたいんですよね。

    2015-04-22

    今日の晴れ間

    20:38

     今日は久々のすかっとした晴れ間。風もなく絶好!

     社会科で学校の周りを調べて回って白地図を埋めていく,みたいな学習でいざ出発。

     途中,これから総合で関わっていく保育所にフェンス越しにご挨拶したり,特養老人ホームの駐車場で地図を書き込んだり,田んぼ脇の用水路でメダカの大群を見つけて大騒ぎしたり。

     「別に並ばなくてもいいからさ-。私とO先生の間には入っていてねー。」

    というゆるゆる,というかのんびりと地域をあるく!校外学習です。

     途中の小川では,河原に子どもたちが降りてひとしきり川遊び。ジャンプしたり,水切りしたり,菜の花を摘んだり,がけを登ったり。川に足を突っ込んで靴をぬらすのも,お約束(笑)特別支援の子も混ざりながら,それでもぜんぜんOK。みんなでげらげら笑いながらの午前中のいい時間を過ごしました。

     帰りには,キャベツ畑に舞うモンシロチョウを追いかけたり,育苗ハウスで苗を世話しているおじさんとお話したり。

     ぼくたちはこんなふうに学びたいんだよね。

     さあ,明日は,また別の地区に出かけるのだ!あははは

     

     

     

    2015-04-20

    だんだんと

    22:30

    天候が,今ひとつよくないという予報が出ていたので,算数を2時間連続に変更。

     「教科書の○ページから○ページね。あとはそこに関係のあるドリルのページは○ページから○ページだから,そっちもいっちゃっていいよ。」

    とそんな感じでスタートです。とはいえ,昨日までの勉強ですでに今日のところも終えている子もいるので,スタート段階からけっこう取り組むことは異なってきます。

     中学年らしいがむしゃら感が見ていて清々しい?笑

     自分のペースでやっていい,というのがまだ新鮮なため,とにかくがりがりやっている。たいしたもんだなあ,と思います。ずっと算数をやっていると,なかには疲れて来る子も出てくるし,あきてくる子も出ます。

    「疲れたの?ちょっと休憩したらいいんじゃない?」

    なんて声をかけることもあります。

    「少し本でも読んでさ,気分転換してまたスタートしてもいいんじゃない?」

    「ちょっと漢字の練習をして,また気分が乗ってきたら算数にもどってもいいし。」

    みたいなことを声をかけながらの2時間。

     まだ学期当初なので,1時間単位の課題を一応与えていますが,だんだんと幅を持たせた課題にだんだんと移行していく準備を進めてみたいです。

     今は様子を見ながら,です。

     あんまり「みんなが」「みんなが」と言わずにも,ゆるゆると,それでもみんながみんなと学ぶことを楽しむような時間と空間がだんだんと出来るようになるといいなあ,と思っています。焦らずゆっくり。

    2015-04-19

    どんどん繋がってきた

    19:06


    http://www.renpuku.org/wp/wp-content/uploads/2015/04/292cf3b94230357829b1e29374de0ba9.pdf

    これに、今日参加しました。参加して良かった。11月の全国フォーラムの実行委員にも、学校現場のものとして混ぜてもらえそうです。

    震災がありました。石巻の街は、学校は大変なことになりました。私の本当に本当に大切な先輩教師も大川小でなくなりました。

    それ以後、多くの人や団体がが石巻にボランティアで入って、石巻の子ども、学校をサポートしてくれました。その多くの人の思いが今、この場で繋がろうとしているんだ、そんな実感を今日感じることができました。今日集まった方々はみな、石巻の子どもたちを大切にしたい石巻の未来を創る子どもたちを育みたいと思っているNPOを中心にした方々。そこに学校現場の教員として参加できたことを本当に幸運に思います。ここに学校現場が絡むことは必然です。

    「子どもの権利条約全国フォーラム2015in石巻」の開催趣意書にはこうあります。

    「(前略)震災から平時に戻っていく中、石巻が抱える問題を、復興の未来を担う子どもたち自身が自分の力で考え、判断し、復興まちづくりへと参加していくことこそが、震災を未来へ伝えることにつながります。おとなは子どもの意見を尊重して聴く場、子どもを見守り、信じる場とし、声をあげられない子どもたちの存在も含め、おとなも子どももすべてが平等である姿勢で開催します。」

    とあります。そして、石巻市ではこの「子どもの権利に関する条例」が制定されています。

    震災後の非日常の世界では、生活的には厳しい現状であったにせよ、本当に子どもが当てにされ頼りにされ、その中である面子どもは自分たちの力を思う存分発揮してた面もあったと聞きます。日常へとだんだん戻っていく中で、子どもの社会参加度が下がったり、自分の居場所を失う子、不登校の増加など、だんだん思わしくない「震災前の状態」に戻る子もいるとのことです。

    「子どもの権利条約」を大切にした学校、授業についてなら、『学び合い』や「信頼ベース」の授業は大きなアドバンテージを持っています。今日の実行委員会に集まった顔ぶれをみても、今までの『学び合い』、信頼ベースでの集まりに顔を出してくださった方々もちらほら。そこに、石巻市の職員の方々、NPO団体でバリバリ活躍している方々、学生さん、です。

    ここに学校現場のものとして、参加できる幸せを感じます。

    震災後4年。繋がってきました。

    全国の『学び合い』な方々、11月21,22日の「子どもの権利条約全国フォーラムの2015In石巻」、今からチェックですよ。

    2015-04-18

    職員室からも

    23:54

    学校づくりは職員室づくりから,のアプローチ。『学び合い』マインドの学校は『学び合い』な職員室から、「信頼ベース」の学校は「信頼ベース」の職員室から。

    校内研究の学びのサイクルの中に,ホワイトボードミーティングの「定例進捗会議」を入れて年間を回して行こうとする計画です。これを定期的に入れていくことで,職員室の中に温かい対話を生みながら,1年間同じ目的を共有する仲間として取り組んでいこうとする風土をみんなで育てていきたいです。

     もう一つは,「校内研究の取組」というと,「手立て」を決めたら研究授業でそれをやってみて,はい,みたいになってしまうと残念。だから,常に目標と実践と振り返りと実践の修正を図りながら進んでいくというサイクルを回すこと,をねらいます。目的・目標を対話の中でだんだんイメージ化しながらトライアンドエラーを繰り返しながら進む,そんなイメージです。

    年度初めのには職員同士の「教育目標について話そう:目指す児童像って?」ホワイトボードミーティングで行いました。これを行っての、校内研究での定例進捗会議。根っこは教育目標になります。

    先日は第1回の「定例進捗会議」実施。40分。校長先生も新任の先生も一緒にホワイトボードを囲みます。校長先生もファシリテーター役にチャレンジ。若い先生からベテランの先生、管理職まで子どものこと授業のことを、お互いを尊重し合いながらの対話の場を大切にしながらまずは1年間取り組んでいきたいです。

    よりいい学校にするために、職員間でも「一人も見捨てない」スタンスで。

    「そっちのほうが、いいのになー。」

    07:07

    この間、廊下を歩いていたら、別な学年のある女の子たちが

    「先生ならさー、喧嘩をしても『みんなで解決しなよ』って男子も女子も一緒に話させてくれるでしょ?そっちのほうが、いいのになー。」と。

    「ふーん、じゃ、君たち自身がそれをしたらいいんじゃないの?先生に言われなくても、できるでしょ?(^^)」

    「でもさー、男子とか『関係ない』みたいなこと言っているしサー」

    「そっかあ。『力を貸してよ』って頼んだら、かしてくれるんじゃないのかなあ?(^^)」


    こんなやり取りをしました。

    子どもたちには力がある、そんなことを信じて見守る、ケンカの仲直りだってとても大切な学びです。ことを推移を分かった上で、見続け安心安全を保障した上で見守り任せてみたい。放任とは違うから。

    2015-04-16

    語り,?

    22:38

     『学び合い』の語り,というのは重要だとは思うのだけれど,ここ1,2年は,それほど時間をかけて語ってはいないなあ。

     言葉で言っても,なんか伝わらない部分が多き気がして。やっているうちにだんだん分かるかなあ,とかそんな軽い感じなんです。

    「みんなとやったほうが絶対楽しいからさ。」

    とか

    「本当に分かるまで,よくばってやらないと損でしょ?」

    「勉強する時間には勉強した方が楽しいでしょ?野球しているときに算数したらおかしいでしょ?それと同じじゃんか。」

    とか,くだらないことをちょこちょこ言いながら,ぼちぼちやる,そんな感じなんです。

     前は,けっこう熱く語ったこともあるんですけど,熱くなればなるほど伝わらなくなっている感を感じたもので。ちょっと肩の力を抜いて~って感じなんですよね。

    2015-04-11

    6年生と

    09:14

    新学期3日目。3年生。信頼ベース×『学び合い』で行っている私。

    初のペアトークの練習。

    「今日は6年生と勉強するからね!」

    と昨年度担任した5年生(現6年生)の教室に子どもたちを連れて行って,簡単なインストラクションとオープンクエスチョンの唱和を行ってから,まずは

    「じゃ,6年生,モデルになってね,よろしくお願いします!」

    と。インストラクション下手な私の説明より,と考えもありますが,


    ①百聞は一見にしかず作戦

    ②異学年で学ぶことを大切にしていくメッセージ

    ③3年生には先輩から学ぶことの体験

    ④6年生には,先輩としての自信の喚起

    みたいなねらいで。

    帰りの会の振り返りジャーナルでは,このときのことを選んで書いている子もいました。

    ○今日6年生といっしょにお話をしました。おもしろかったです。まいにちやりたいです。(※お話しているイラストつき)

    ○今日は,オープンクエスチョンをしていろいろ話し方や聞き方がうまくなったのでありがとう☆☆☆

    ○オープンクエスチョンのしゃべり方を教えてくれてありがとう!いっぱいしゅぎょうするから。


    来週からは,朝のサークルタイムで地道に続けていきます。まずはなれることかな。焦らずにゆっくり。うまくいかなくてもできていることにOKサインを出し続けながらやっていきます

    100人規模の学校です。それにこの学校に勤務して8年目になります。関わった子どもも現在の6,5,4,3年生。そして今年度は初めて担任をする先生方をされる方もお二人お迎えしました。子どもも含めてみんなで,学校の教育目標にあることを目指したい。いろんな関わりの中でゆっくり行くのが私たちの今年度。

    2015-04-08

    始業式

    20:36

    今日から新学期スタート。今年度は3年生20名の受け持ちです。

    着任式、始業式には昨年度担任した5年生、つまり新6年生が代表挨拶をします。それぞれの挨拶は、昨年度末数人のグループでホワイトボードミーティングで考えを出し合い、原稿を考えました。式の前に、代表で挨拶をする子を囲んで、発表の練習をする姿。

    今年度は3年生を受け持つのですが、そういう新6年生の姿が気になり、かつ、頼もしく思う始業式前でした。

    引き続き6年生を持つことになれば、次のステップにグンといけただろうという思いもありますが、反面、他の学年を持つことで『学び合い』マインドを広く伝えることもできます。

    全員を大切にする学校を、子どもたちの力を大いに借りながら、みんなで作っていきたいよねえ、と思う新学期初日でした。

    今年は異学年、チャレンジしていきます。

    2015-04-07

    教師の学び

    23:59

    今日は,念願の「教育目標」のイメージを具体的に動画モードにまでして語り合うWBMを職員みんなの研修として実施できました。

    今まで,教育目標はあっても,なかなかその中身の具体的なイメージまでをみんなでやりとりし,摺り合わせる時間はとれないことが多かったのです。

     しかし,学校の教育活動の根本はこの「学校の教育目標」ですから,その具体的な児童の姿のイメージをみんなで対話を重ねて摺り合わせる作業はとても大切でしょう。この作業なくして「どうやって行うか」の方法だけでは,道を見失うこともあるでしょう。

    今日は,今まで校内研究での話し合いの中でも導入してきたWBM(ホワイトボードミーティング)の手法を取り入れながら,この時期に,教育目標理解のための研修会(対話をする会)をすることができました。

    「目指す児童像『○○○な子』というと?」(発散)

    「その中でも特に大切だと思うこと,伝えたいことは?」(収束)

    「4月をどう過ごしていきたい?」(活用)

    という流れ。3人組で,ローテーション。話し手,聴き手,書き手に分かれての実施。

    あっという間の1時間10分。あちらこちらで笑顔や笑い声が聞こえる会議でした。新しく赴任された先生もこの様子にびっくりされていました。

    「えー,こんな会議があるんだー。あっという間に時間がすぎたね-。楽しかったなあ。」

    とうれしい言葉。

     最後の全員でのシェアでは

    「4月に入っていそがしくて,仕事をがんばってはいたんだけど,今日話してみて肝心な子どものことをイメージしていなかったことに気がつきました。」

    「新任でこの学校に来ましたけど,こんなに皆さんと話せてうれしい。ここ2,3日忙しくて大変だったけれど,なんで先生になりたかったのか,また確かめることが出来た。明日,子どもたちと出会うのが楽しみです。」

    などなど,うれしい言葉。

    ホワイトボードは写真にとって,みんなに配布しました。

    いい4月を過ごせるように,学校あげて「笑顔で」やりましょーって感じに。うれしい。

    うまくいっても失敗しても,またそこから始めればいいね,と言うような職場に一歩近づく「きっかけ」づくりにしていきます。この一歩から,校内研究での定期的な「定例進捗会議」の導入につながるといいなあ。

     教師の学び方が変わると,それは授業観の転換にもつながるでしょう。みんなでゴールを共有しながら,お互いの知恵や思いを摺り合わせながら学んでいくことの良さを,私たち教師自身が体験していくこと。そこからもまた「授業観」も変わってくる道があると思っています。

    2015-04-06

    タコパ

    22:11

     春休みもあと少し。とはいえ春休みは子どもたちが,であって私たちがではありません。子どもたちがこないだけであって,すごく忙しい。

     それであっても,職員室は今日は春休みになって2回目の「タコパ&お好み焼きパ」でした。(たこ焼きパーティー&お好み焼きパーティー)

     耐震工事のために,本校は2月から仮設校舎暮らしです。仮設校舎になったよかったことは,まず「職員室が広くなった」こと。前の職員室は本当にせまくて,通常の教室サイズです。だから,みんなが集まっておしゃべりしたりお茶を飲んだりする共有スペースがとれませんでした。今の仮設校舎の職員室は広いので,後ろにテーブルを置いて集える場所が確保できているのです。これは,本当にいいなあ,とみんなで言っています。

     今日は,4月からの新しいメンバーも加えながら,校長先生はじめみんなで昼休みにたこ焼き&お好み焼きをつくってランチ。お店をかりての歓迎会も済ませたのですが,今日は,また非公式?の歓迎会みたいなもの。みんなでごちゃごちゃしながら,お昼をつくって食べる,これもまた形を変えた歓迎会です。

     こんなことが普通にできる,自慢の職員室ですね。企画してくれた皆さんの感覚に脱帽ですね。

     7人の担任陣のなかで2名の新任の先生をお迎えしましたが,今年度もみんなでサポートし合いながらうまくやっていけるでしょう。うん,だいじょうぶだいじょうぶ。

    2015-04-05

    今年度チャレンジの一つ

    20:10

    だいぶんサボっていました。

    しばらくぶりにこっちに戻ってきましたー。

    さて、今年度。

    様々な場面で、いろんな考え、立場の人がごちゃごちゃとかかわり、話し、ああだこうだ、でも一緒にやっていくほうがいいよね、そんな感じになるような機会や場面をたくさん作りたいなあ。校内はもちろん、校外、地域、その他で。

    学び合い』って名前を出さなくても、結果『学び合い』になってるじゃん、っていうのがいいなあ、と。

    他にもチャレンジしたいことはあるけれど、まずはここ。