次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-03-15

    評価って難しい

    08:13

     評価するには,お互いの信頼関係が大切ではないかなあ。それは,評価者が評価をすることに対しての情報を持っていることも含めて。なかなか難しいかもしれないけれど,「この人に評価してほしい」と評価を受ける者が思えれば最高。それは,よく評価をしてほしいからというの,ではない。「この人は自分と同じことを目指している」と思えるかどうか。

     だから,そもそもの目的。

     子どもへの評価なら,子ども一人一人の成長だったり。子どもも成長したい,教師もサポートしたい,目的・目標は一致するはず。学校評価なら,よりよい学校づくりのために。子どもにとっても保護者にとっても,教職員にとっても,地域にとってもよりよい学校につなげていくため,だと思う。

     評価者と評価を受ける者が同じ目的を共有しない中で,もしくは十分な共有がなされないままで行う評価,またはその評価に対して双方が結果を基に,目的に沿った建設的な対話が出来ないままでは,お互いの関係をかえって損ねることにつながりがち。評価の目的とはまるで真逆の方向。

     評価の目的だったり,指標だったりを評価するものと評価を受ける者が共有・合意していることって大切だとおもう。それが無いと評価のための評価になってしまうし,評価の目的とは乖離する。しかし,それが十分でない場合ってけっこうある。もちろん自戒もこめて。

     評価に至るプロセスと,評価のあとの双方の建設的・継続的な対話

     やっぱり,評価は目的,目標だなあ。当たり前と言えば当たり前。