次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-02-28

    ロープスキップの練習

    08:08

    本校には、ロープスキップという、縄跳びの集団演技みたいなのがあります。ここ10年くらい4年生から6年生までで毎年取り組んでいるので、伝統みたいになっています。

    6年生の卒業に合わせて、そのロープスキップも活動の中心が5年生に引き継がれます。それに合わせて、「6年生を送る会」では、その印として5年生が新ロープスキップを披露するコトになります。

    曲とかフォーメーションとかが新しくなるわけですが、彼らの中で、ああだこうだ言いながら決めているのを見ているのがなかな楽しいです。ロープスキップのリーダーが4人いて、その子たちが中心になって進めているのですが、その子たちも、

    「どう?こんな感じでいい?」

    「ここはどうしたらいいと思う?」

    なんて、体育館のホワイトボードのまで聴きながら決めています。

    「えー、それじゃ、見えないかもよー。」

    なんて意見があれば

    「じゃあ、試しにやってみるかー。○くん。ちょっとステージのところから見てみてー。」

    とかやっています。

    「ちょっと!そこの男子!ふざけてないでよー!もー!」

    なんてこともあるんですけど、それはそれで、そんなのもちょっとはあっていいんじゃない、と思うのであります。

    私が出した案は「サークルからスタートする」というところは採用してもらえたようですが、その後は練習をしながら、だんだん却下?されていきましたー。ま、いいんですけど。