次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-02-16

    「明日が楽しみ!」になるのになあ。

    23:11

     先日,いろんな学校の先生とおしゃべりする機会がありました。

     多くの先生が

    「疲れている。」

    と言います。

    「忙しい,余裕がない。」

    と言います。

    「明日すぐ使えるものが学びたい,知りたい」

    と言います。そんな話をみんなで聴きあいながら,たどり着いていったのは

    「つまり,不安なんだよね,私たち。」

    ってことでした。不安だから,疲れる,忙しい,すぐ使えるモノがほしい…。その先には

    「月曜日が憂鬱になるんだよね。」

    でした。

    「なるほど。」「そうなんだ。」「もう少し詳しく教えて?」

    と聴きながら,確かにそういう一面ってあるよなあ,と思いながらも

    (私は,けっこう毎日楽しいけどな~)

    と思うのです。

    学び合い』をしていると,子どもたちにほとんどストレスがかからないし,私にもかからないから,毎日けっこう楽しいのです。

     みんなも,『学び合い』にすればいいのに,とも思いましたが。

     でも,無責任なこというと,かえってストレスを抱え込んでしまう恐れだってあるから,なんとも微妙なんですよね。

     でも『学び合い』だと,あきらかにストレス激減なのになあ。

    「明日が楽しみ」になるのになあ。だって,いつでも子どもたちの良さが見られるのだからね。