次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-02-05

    楽しいなあ

    22:31

    1週間単位の課題で学習を進めるようになって4週。

     「なんてすてきな時間が流れるんだろう」

    と私は思っています。

     休み時間も,学習時間(あえて授業時間とは言わない)もあまり明確な区切りはありません。午前中と午後があるって感じです。もちろん,体育とか理科など特別教室の割り当てとかはあるので,ちょっとした制約はありますが,それもそんなに気になりません。

     時間も子どもに預けると,こんなにも子どもたちはゆったりとした学び方をするんだなあと感じます。必死に,とかばりばり,とかそういう感じではありませんが,私にはそれが心地いいのです。子どもたちがそれぞれのペースで学ぶ,今やることも自分で決めるし,次に取り組むことも自分で決めます。

     子どもたちに

    「ねえ,4週目だけどどんな感じ?」

    と聞いてみたら,

    「これ,いい!やらされているって感じじゃないから。次はこれやろうって思ってやるのっていいな!」

    とのこと。

     今日は週末も近くなっているので,算数をやっている子の脇で,多色版画をやっていたり,作文をやっている子もいたり,といった感じ。場合によっては

    (あれ,ちょっと華やいだかな~)

    と思うときはあっても,直にすっとまた落ち着いたりするので大丈夫。子どもたちなりに,周りにも気持ちは向けているんですね,きっと。

     とにかく毎日が楽しいんだなあ。