次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-01-19

    3学期は

    22:49

    3学期は一週間単位で課題に取り組むやり方に変えています。

     もちろん,敷地内の隣接校との合同が学習(体育,家庭,音楽)などはちょっと別ですが,それ以外はできるだけ,時間割で区切らず,子どもたちで時間のやりくりをするような感じにしています。

     時間枠を子どもに預けることで,子どもたちはすごく開放感を感じるみたいです。今までも『学び合い』ですから,一般的な一斉授業よりはいらない縛りはかなり少なかったはずですが,時間すらも自分・自分たちでコントロールする余地があることが,またいいみたいです。

     一週間の計画表を元に,今進めたい,やりたい,取り組みたい学習に取り組むわけで,足りないところやさらに進めたいところは時間を十分にかけたり家や休み時間,朝の時間にもやるといった形になります。だから決められた「宿題」もありません。

     まだ始めてみて1週間,今週で2週目になったばかりですから,やりながらうまくいかないところは,彼らと相談しながら改善していくといいかな,とのんびり構えています。

     「みんなが」とあえて言わなくても,なんとなく「みんな」を感じられる,点数がどうのこうの言わなくても,そんなの関係なしで,みんなと学ぶことを楽しめる,そんな感じになっていくといいよね,そんな感じになっていくよ,と思いながら,ぼちぼちやっていきます,そんな5年生の3学期です。