次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-01-14

    急がば回れ、と思うんですよね。

    20:25

    自分だったらどうかんじるかな?どんな教室で過ごしたいかな?ってかんがえます。想像します。

    子どもたちには、

    「どう?楽しくやれた?」

    「うまくいったかい?」

    「満足できた?」

    っ聞いたりします。もちろん、

    「楽しくやれなかったなー」

    「うまくいかなかったー」

    「ちょっと満足できないなー」

    も、あり、です。そういう風に言えることこそ大事だと思うから。そういう風に言える雰囲気を大切にしたいし作っていきたい。

    肩の力を抜きながらも、それでも、

    「さ、やるかー^ ^」

    だったり、

    「きょうもみんなとやれて楽しかったなー」

    と、ぼんやり、そうぼんやり何と無く感じられるような、そんな時間を作りたいんですよね。

    成長成長っていって、焦らせても仕方ないでしょう。

    急がば回れ、だと思うんですよね。それは、自分に言い聞かせます。

    「心の健全さが第一」

    07:02

    ある方のFacebookの投稿にあった言葉。

    当たり前といえば、当たり前ですが当たり前になっていないことって結構ある。

    善かれとおもってすること、必要と思ってすること、いろいろあるけれど、それがかえって子どもの心の健全さを損なっていることもあるということを意識しないといけないと肝に命ずる。

    やり続けること、やり切ること、やりたいことやれることをまずははじめて見ること。そんなことから、そういう経験から子どもたち一人一人が自信が持てるように応援して行こう。