次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2015-01-01

    しなやかに

    21:18

    あけましておめでとうございます。

    今年はどんな年にしたいかなあ,なるといいかなあ,とちょっとぼんやり考えてみます。

     ある方から「今年もしなやかに学校や学級,社会のコミュニティーづくりをしていきたいですね。」と,メッセージをいただきました。

     (ああ,そうだなあ,私にとってのキーワードは「しなやか」だー)

    と思いました。

     自分だけで出来ることはほとんどありませんし,そもそも自分だけで何とかしようとしてもうまくいきません。だから,学校のことも学級のこともそこに所属するみんなと一緒にやっていかないとうまくいきません。それぞれがそれぞれの願いや思いを前に進めようとするならば,お互いにしなやかさが必要になるでしょう。それは誰かが我慢するとか譲るとか,そういうことではなくて,摺り合わせる,そんなイメージ。

     学級で言えば,どんな子どもでも「だれかに合わせないと」とか「先生の言うとおりにしないと」とかそういうことで自分の心を縛らないで,自分のやりたいようにやりながらそれでいて,みんなが居心地がいい,自分は前に進んでいる,そんなことを何となく(なんとなくでいいのです)感じられるみたいなところでしょうか。

     こっちに進みたい,という明確な意志を持ちつつ,しなやかさも忘れない,そんな一年にしたいなあと思います。