次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2014-03-31

    新年度に向けて

    08:49

    2013年度最終日。

    新年度のスタートに向けて,クラス通信第1号を作りました。自分に向けてへのメッセージでもあります。

    【通信№1】より

    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


    「クラス通信 十人十色」を発行します。クラス通信「十人十色」は,みんながみんなの「強み」を活かし「弱み」を克服しながら,お互いがお互いを認め支え合う,一人一人の持ち味が尊重され大切にされることの価値を体験的に学んでいこう,という決意を込めています。

     子どもたちには,学校を卒業した後にも幸せな生活をおくってほしいと願います。そのために「安心・安全」な「学校」という場で,その「幸せになる(楽しくなる,ハッピーになる)練習」を行います。具体的には「自分の夢・願い・目的・目標・課題…を叶える,達成するにはどうしたらいいのか?」「楽しくやるには,どうしたらいいのか?」を,トライアンドエラーを繰り返しながら自分(たち)で見付けていく,そんなイメージです。

     クラスを運営していく上で,私は一人もこぼれてほしくないと思っていますし,一人もこぼしたくないと思っています。学習でも生活でも。子どもたちは(人間は)多様です。一人一人の「強み」も「弱み」も異なります。多様であることを活かしながら,みんなが支え合いながら「強み」を伸ばし「弱み」を克服することを大切にします。学習でも生活でも,困っている子がいれば支え合い協力し合う子どもを育てていきます。そういうクラスでは誰もが安心して学べ,自分の力も発揮できます。

    そして,そういうクラスは担任一人で作れるものではありません。子どもたちみんな,担任,保護者の皆さんの力が必要です。今年もこの「十人十色」を通してクラスのトライアンドエラーの様子をなるべく多くお伝えします。保護者の皆さんも,今年度も子どもたちのよりよい育ちのために,陰に陽にたくさんクラスに関わっていただき,共にクラスを支えてくださると嬉しいです。よろしくお願いします。