次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2013-08-19授業スタート?

    今日から、仕事モードです。(宣言!)

    プールの修理が間に合わなく、1学期は体育の授業として、水泳の学習が一度もできませんでした。単学級の学校なので、1年生は初めての水泳というかプールを使っての学習なのですが、それが全然できずに夏休みに入ってしまった、というわけです。

    ですから、1年生の担任の先生も2年生の私も、学校にきている時はなるべくプール開放に参加しようと思っていました。

    夏休みのプール開放は、私たちにとっては大きなチャンスです。だって、先輩たちがたくさんいて、それこそマンツーマンで見てくれる可能性が高いからです笑。今日は、2学期から使う、水泳の「チャレンジ表」を模造紙に書いて、もうプールに持ち込みました。できるようになって欲しいことと、誰ができて、誰がまだできていないかを可視化するものです。できたところにはシールをはっていくようにしています。プールに来ていた低学年の子を中心にもう始めちゃいました。低学年同士でやるところもあるし、暇している?中学年や高学年の子もみてくれます。今日だけで、けっこうなシールがはれました。今日、もうすでにスタートした子たちが、2学期あが始まってから、最初リーダーシップを発揮してくれるでしょう。夏休みからもう「授業」はスタートです。

    全員いなくても、夏休みでも、授業が「始められる」と考えられるのはある意味、『学び合い』だからじゃないかなあ、とふと思って、ひとりこっそり笑っていました。適度にプラスのフィードバックをしながら。