次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2013-06-21「工夫」

    教師が、あれこれ授業のやり方を工夫する。それ自体は素晴らしいことだし、そのほうがいい、とある面、思う。(そう、ある面です。)

    でも、です。誤解を恐れずに言えば、教材教具や、発問やら、板書やら、ワークシートやら、グループ編成やら、なんだかんだ「工夫」しなくては、子どもは学ばないのか?と思う。

    そんなことしなくても、子どもは学ぶ。学ぶ力はある。

    極端にいえば、教師が工夫なんてしなくても、子どもたちが勝手に学ぶ、そんな姿を目指したいんだよね。

    あ〜、多分、一般的にはこんなこというと、誤解されるな。