次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2013-06-09公と私

    憲法改正論議。注目してメディアなどを見ています。

    人権人権がぶつかり合った時の、その落とし所が公共の福祉

    福祉は幸せ、公の秩序は規律。」

    人権公の秩序はぶつかり合ものではない。協調するもの」

    という、コメンテーターの言葉があった。

    だれもが、自由にあれこれ思ったこと考えたことが自由に言える。その中で、バランスをとって行く。みんなが、それこそ、本当にみんなが自由にものが言えること、それをちゃんと受け入れてくれること、それが保障されていれば悪い方にはいかないだろうし、行ったとしてもバランスを保つ働きが生まれるでしょう。

    誰か特定の人が「公」を決めたり、「これが常識だ」とか「こうあるべき」とか決め出すと、どうなるでしょうか。

    自分たちのことは自分たちで決める、決めていい、個々の意見が違った時には落とし所を見つける。自己選択と自己決定。

    学校生活や、教室での活動も、こういうことを毎日毎日トライアンドエラーを繰り返しながら学んでいく、そういう場でありたいです。