次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2013-06-08職員評価

    我が県には、職員評価、というのがあります。

    年度始めに、⑴教科指導、⑵教科外指導、⑶校務分掌の3分野において、自己目標をたて、校長先生や教頭先生と面談をし、年度末に自己評価をして再び面談。ごく簡単にいうと、こんな感じです。

    この目標、職員みんなで共有し合ったらいいのになあ、と毎年思います。どの先生がどんな目標を持って取り組んでいるのかがわかるか分からないかでは違いは大きいと思います。目標を知っていれば、

    いいね!

    とか、「すごいなあ、がんばっているなあ!」とかよりはっきりわかるし、なにより協力できます。

    しかし、現実には、各教員と管理職の先生の間でクローズドされています。

    学校教育目標や、校内研究主題とリンクさせる、同一ライン上に設定すれば(各自は設定しているのかもしれませんが共有していないので、そこは不明)、教育目標つまりみんなでどんな学校にしていきたいのか、ということにむかって、大きなビジョンを共有しながら勝つ、多様な方法でアプローチする、それをおたがいに尊重し合い、高め合う絶好の機会になりそうだなあ、と思うのです。

    まあ、でもそう思うのなら、同じ学年部の先生や同じ意見の先生とまずは、自己目標を共有してみようかな。まずはあれこれ言ってる間にやってみる、かな。それとも、全員の合意がないとだめなのかなあ?

    ちなみに、私の目標は、ごく簡単にいうと⑴多様なかかわりを活かしながら学ぶことに対する意欲を高め、全員の学力の向上を図る⑵朝の読み聞かせを年間150回以上行う⑶校内研究の充実を図る、という感じです。

    我が県には、職員評価、というのがあります。

    年度始めに、⑴教科指導、⑵教科外指導、⑶校務分掌の3分野において、自己目標をたて、校長先生や教頭先生と面談をし、年度末に自己評価をして再び面談。ごく簡単にいうと、こんな感じです。

    この目標、職員みんなで共有し合ったらいいのになあ、と毎年思います。どの先生がどんな目標を持って取り組んでいるのかがわかるか分からないかでは違いは大きいと思います。目標を知っていれば、

    いいね!

    とか、「すごいなあ、がんばっているなあ!」とかよりはっきりわかるし、なにより協力できます。

    しかし、現実には、各教員と管理職の先生の間でクローズドされています。

    学校教育目標や、校内研究主題とリンクさせる、同一ライン上に設定すれば(各自は設定しているのかもしれませんが共有していないので、そこは不明)、教育目標つまりみんなでどんな学校にしていきたいのか、ということにむかって、大きなビジョンを共有しながら勝つ、多様な方法でアプローチする、それをおたがいに尊重し合い、高め合う絶好の機会になりそうだなあ、と思うのです。

    まあ、でもそう思うのなら、同じ学年部の先生や同じ意見の先生とまずは、自己目標を共有してみようかな。まずはあれこれ言ってる間にやってみる、かな。それとも、全員の合意がないとだめなのかなあ?下手なことをして、かましても困るしなあ笑

    ちなみに、私の目標は、ごく簡単にいうと⑴多様なかかわりを活かしながら学ぶことに対する意欲を高め、全員の学力の向上を図る⑵朝の読み聞かせを年間150回以上行う⑶校内研究の充実を図る、という感じです。