次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2013-05-31一人も見捨てないは

    一人も見捨てないは、ちゃんとみていること、見続けていることを伝え続けること、期待を持って見続けること、正当な評価をすることなんだろう。

    信じるという言葉一つにしても、その解釈については、自分なりに進化している、と、それこそ信じたいね。

    2013-05-30じっと見て

     『学び合い』のような授業をしていると,個人の能力(というか性格といったほうがいいかもしれません)がよく見えます。

     こと,学習の取り組み方から言えば,開始すぐに課題を把握してスタートしすぐにトップスピードにもっていける子もいれば,いつまでもエンジンがかからず,(こちらもやきもきし),最後まで徐行運転を続けてしまう子もいます。または,エコカーのようアイドリングストップ?しちゃう子もいます。

     総じて言えば,前者のような子は勉強が得意になるし,後者のような子は往々にして,勉強が苦手になります。後者の子は,同じ時間取り組んでもこなす量が違うので当然です。とはいえ,後者のような子は私たちから見て

    「集中していない」「しっかりやっていない」と決めつけるのは簡単ですが,その子にはその子の事情があって,今そういう状態になっていると考えるのがよいだろうと思います。そこをサポートするのに,みんなでやろうということ何だと思います。

     一人も見捨てない,ということは前者のような子も後者のような子も,すべて,ということです。いわゆる一斉指導では,後者のような子は目立ちません。しかし,見えなくなっているだけでしょう。前者のような子もバリバリやれて,後者のような子もバリバリやれる。そんな姿が理想です。

     『学び合い』では,子どもの姿がよく見えます。見えすぎるから,教師にはきついところもありますよね。しかし,一人も見捨てないことを思えば,見えないところも見えるようにして,次の一手をうっていく,そんなことが必要です。

     どのこも伸びたいと思っているのは間違いありません。自分の能力が分かり,ぼくにもできる!と思える時がきっとくるし,それを見付けられるきっかけをつくれるように,つらくても(笑)見えないこと,見たくないこと(笑)もじっと見ながら,全体に語ったり,一人に話しかけたりしていきたいです。

    付けたし

    「勉強が苦手になる」と言い方をしましたが、「できない自分」を何度も味わい、できないこと分からないことを「よくないこと」ととらえ、そのことを意識的に無意識的に隠すためにそう行動しちゃうという子もいそうです。見ているとそう感じる子もいます。

    分からないことを「分からない」といえ、

    「ねえ、ちょっと教えてくれる?」

    と堂々といえ、むしろそれが「よいこと」と常にアナウンスできる『学び合い』は、どの子にとってもとっても優しい学びの時間になることができます。

    まずは、勉強ができる子が、「分からないから教えてくれる?」と連発するくらいがんばり出したときに、苦手な子も安心してそう言えるようになるはずです。だから、まずは、トップランナーを育てるってことなんだろうなあ。そして、同時に、勉強が苦手な子にも、「やり続けて行けば、確かに成長できる」という実感を持てるようにする、うん、そういう感じ。だからこそ、じっと見続けないとね。

     

    2013-05-29打ち上げ、そして来年へ

    業前、1〜3年生で体育館に集まりました。

    「君たちの元気なソーランは、見にきてくれたお客さんに元気を与えることができたよ。素晴らしいことです。人に元気をあたえる、ということは、何をするにしても最高にいい『仕事』ということだよ。ここまで引っ張ってくれた3年生のみんな、ありがとう。そして、2年生、1年生。来年は君たちが今度入ってくる1年生に教えながら、引っ張って行くんだよ。今の3年生がやってきたみたいにね。3年生は、これが最後という気持ちで、そして1.2年生は来年もがんばるぞ!という気持ちで今年最後のソーランをやろうじゃないか。」

    と呼びかけて、みんなではっぴをきて、ねじりはちまきをして、ソーランを踊りました。元気な声が体育館に響きました。

    運動会が終わってから、さらに演目を行ったのは今までで初めてです。今日は、来年の運動会に向けてのスタートです。運動会は運動会で終わりません。そういう決意です。

    2013-05-28異学年

    運動会が終わって,なんだか気が抜けてしまったような今日…。おおきな行事が終わるといつもこんな感じになってしまいます(笑)

     さて,運動会の取組を終えて感じるのは,やっぱりいろんな学年がごちゃごちゃになって行うのはいいな,ということ。

     下の学年は,目標のレベルがぐっと上がる感じがします。ソーランで言えば,1年生だって3年生の上手な子を見ながらそこに追いつこうと頑張ることで,かなり短期間で上手になる子もいます。いろんなメンバーが一緒にやることやお互いに見合い,温かい雰囲気の中で刺激し合うことって,とても良い感じです。

     運動会後,この学年という壁をどう低くするか考えていきたいなあ。考える前にやってみるのが先ですね。

    2013-05-27運動会がんばったね

    【通信24号より】

     先日は運動会にお越しいただき,またご参加・お手いいただき,ありがとうございました。おかげさまで,子どもたちにとっても,楽しい思い出深い運動会になったことと思います。ありがとうございました。

     運動会には,以下のようなねらいの達成に向けて行いました。

    (1)楽しい行事をみんなで協力して作り上げることを通して,集団への所  属感や仲間意識を高める。

    (2)日常の学習の成果を発表し,運動に対する意欲と関心を高め,健康な  心身を養う。

    (3)運動会の応援合戦などの児童活動を主として,計画の内容や運営に児  童を参加させることにより,自主性,計画性,創造性を伸ばし,協力と  責任の態度を実践を通して身につけさせる。

    (4)縦割り(班)活動を生かすことで,お互いに協力し合い,相手を思い  やる気持ちを育てる。 

     ソーランでの1~3年生で相互にかかわり合う活動からは,3年生の姿から学ぶと同に1年生に優しく接することを,1・2年で取り組んだ徒競走や玉入れでは上級生としの振る舞いや勝ち負けを受け入れる態度を意識しながら指導に当たりました。もちろん体育としての「体を動かすことを楽しむ」ということも合わせてですが。

     勝って嬉しい,負けて悔しいは当たり前で自然な感情です。しかし,勝った赤組も変威張ることなく,負けた白組も負け惜しみをいうこともなく,運動会を振り返る姿に一回り大きくなった子どもたちを感じました。

     運動会は運動会で終わりません。この成長を今後の活動につなげていきたいと思います。

    (追伸)運動会の練習を通して,1年生や3年生はもちろん,上級生との関係もずいぶ広がったように思います。

    2013-05-26子どもの力って

    昨日は、本校の運動会が好天のもと、無事に終わりました。

    そして、昨晩は、職員の「慰労会」。いい、振り返りの会になりました。

    6年生の担任の先生は、今年、初めての体育主任。自分独自の色を出そうと、がんばっていました。その一つが、4〜6年生で取り組む組み体操。

    私は、自分が小学校の時には体験しましたが、宮城にきてからは今まで運動会で見たことはありませんでした。彼が、その組み体操を指導をする際の準備や苦労もなんとなく感じていたので、当然、飲みながらもその話になります。

    「さっぱり、できなくてこまった時期もあった。」

    との話のつづき、

    「でも、なんか続けてやっているうちに、突如、ポンとできるようになっていることってあるんですよね。今まで、ぜんぜできる雰囲気じゃなかったのに、ある時、突然って感じに。」

    「子どもってすごいですよねえ。」

    そんな会話をしました。

    子どもの成長って、比例するみたいにいつも右肩あがりじゃないんだねえ、そんなことを仲間うちで確かめ会えた、そんな会になりました。

    運動会は運動会で終わりません。運動会で学んだことを大人も子どもも次のスッテプにつなげないとね。(^ ^)

    2013-05-24明日は運動会です

    明日は運動会です。

    運動会を明日に控え、1年生の担任の先生と

    「いい練習ができたね〜。」

    と振り返りを行いました。徒競走しても、玉入れにしても、ソーランにしても、走ること、投げること、リズム良くみんなと楽しく体を動かすことを、それぞれ仲間と共に「楽しむ」こおを中心に据えてできたからかな。1年生の先生からは、

    「縦割りっていいですよね〜。子どもがのびる感覚がある。私たちがいうよりも、子ども同士のほうがよく伝わるみたい。」

    という、言葉も。

    とくに、ソーラン練習は1〜3年生の合同練習。それを、縦割り8グループにしての練習だから、かかわりもさまざま。その3年生も昨年の私の学級なので、私が何を求めているかをちゃんと理解して動いてくれました。

    3年生は3年生の自覚をもって、2年生は来年の自分たちを重ね合わせて、1年生は先輩のレベルに追いつこうとがんばる、そんないい時間になりました。

    ソーラン最後の練習のあと、団長? 3年生に

    「明日に向けて何か一言ある?」

    ってマイクを預けました。

    みんな、あしたはがんばろう!ってな感じでいうのかなと思ってマイクを渡したんですが、彼は

    「入場のして列を作った時、しっかりまっすぐになること。あと、そのときにナルコをならさないように。」

    との指摘。

    (最後の最後に、こういうことは教師じゃ言えない言葉だな〜)

    と妙に感心してしまいました。

    明日が楽しみです。

    あ、言いそびれましたが、今年の本校の教育活動の合言葉は

    「かかわりの中で共に育つ」

    です。この合言葉を最大限大切に、運動会後もやっていきま〜す!

    2013-05-23付き合ってる、だと〜?

    給食中。子どもたちの会話に耳を傾けていると…。

    「◯ちゃんと△くん、付き合ったんだって〜」

    「え、そうなんだ〜」

    (は?なに!2年生だろ、きみらは!)

    と、思い内心絶句していました。

    よくよく、続きを聴いていると、どうやら、「ともだちコレクション」というゲームの話らしい…。

    (なんちゅう、ゲームや…)

    と思って、昼休みに、6年生の女子に

    「これこしかじか」

    と話していたら、

    「先生、◼なんか(うちのクラスの、その子のいとこ),◯と結婚して、子どもがいるんですよ〜」

    だって。

    まったく、よー分からん…。

    2013-05-22「ありがとうございまーす!」

     運動会を今週末に控えています。

     1~3年生のYOSAKOIソーラン。今日はいよいよ,お祭りはっぴを着ての本番バージンでの練習。

    「今日は1回きりしか,しないからね~。そこに全部の力をいれよう!」

    とスタート。

     校庭のむこうの道路で,下水道埋設工事の方々が,仕事の手を休めて見ていてくださっています。

     終了後

    「いがったぞ~」(よかったぞ~)

    との声援をいただきました。

    「ありがとうございまーす!」

    と応えました!

    2013-05-21ほんとに,長い!

     国語の説明文で「たんぽぽ」をやっていて,そこには,「みが じゅくして,たねができると,くきは おきあがって たかくのびます。」と。

     ちょっとまえも,生活科で,たんぽぽの花を分解して,本当に「小さな花の集まりか」「小さな花はいくつくらい あつまっているのか」を調べてみたので,今回は,その くき調べ。

     いやあ,ほんとうに長いのがたくさんありました。30㎝どころか,50㎝近くのものまで。あらためて見てみると,こんなに長くなるのですねえ。びっくり。

    2013-05-20ちょっとずつ,一歩ずつ

     本校の近くには,歩いて10分ほどのところに,保育所も特養老人ホームもあります。

     今日は,運動会の招待状をもって保育所と老人ホームを訪問しました。年間を通して,かかわりたい,と思っています。

    「何人でもいいから,名前を覚えてかえろうね。それがチャレンジ!」

    と声をかけて行きました。

     保育所では年齢が近いせいか,すぐ馴染んで話したり遊んだりできるのですが,老人ホームでは,まだ難しいかなあ,と思っていました。

     案の定,なかなかかかわれない子もいます。一方でどんどんいける子もいます。なかなかいけない子にも

    「どう?まずは一人でもいいから声をかけてみたら。一人でもいいよ~」

    「じゃあさ,○君と一緒に行ってみてもいいじゃん。それならいけそう?」

     その子にはその子にあったハードルの高さがあるみたい。低いハードルが越えられたら,子どもたちは自然と,次のハードルを自分で設定するもんだなあ,と今日の子どもたちの姿を見ながら感じました。

     できないから,

    (がんばれ)(しっかりしろ)

    だけでは,やっぱりだめだなあ。

     「先生!一人と話せた。名前もきいちゃった!」

    「やったじゃん。いけるね~。ナイスチャレンジだったね。」

    「もう一人いってくるね~」

    「いってらっしゃーい!」

      まずは,ハードルを跳び越そうとしたこと自体を認めるところから。そんなイメージです。

     繰り返し,繰り返し。一歩ずつだなあ,と思います。

    2013-05-19「子どもに学びを委譲していく。」

    私は基本的に人に指示をしたり命令?をしたりするのが苦手というか、嫌いというか、そんなところがあります。それは、つまり、自分があれこれ細かく指示されたり命令されたりすることが嫌い、ってことなんだろうと思います。

    自分がすることは自分が納得した上で行いたい。自分の意にそぐわなないことだとしても、自分が(いまはそれも必要)と自分で決断しないことには、どうしてもいやなのです。そういう性分です。くそまじめとも思うし、頑固とも思うし、融通がきかないとも思います。まあ、長所でもあり短所でもあります。なおりません。たぶん。

    昨日は、ちょんせいこさんのホワイトボードミーティングの講座に参加してきました。東北青年塾のあべさんと、せいこさんが「東北支援」として、震災後継続しておこなっているものです。

    講座の中で印象に残った言葉の一つに、

    「子どもに学びを委譲していく。そのためのプロセス」

    というのがありました。学校にはいろいろな子どもがいます。私みたいな頑固な子もいるだるし、一言いえば先の先まで理解できる子もいるだろうし、丁寧に説明して欲しい子もいるし。一人残らず成長の道筋にのせ、自分や自分たちのもつ力に自信をもち、足りないところはお互いに補い合って協働して進んで行く。そうやって進んでいける!、そういう自信を毎日の学校生活とりわけ授業でつけさせていきたい、そういう願いがそこにはあるのだと考えています。

    一人も見捨てない、という『学び合い』のスタンスと近いものを私は感じています。指示、は必要。指示、の中身とその先にあるものをぶれずに意識したいなあと思いました。





    2013-05-17子どもの力を借りる

     子どもたちの力を借りればいい,というか借りるべきだ,というのが私が『学び合い』で学んだことの一つ。

     もうすぐ本校でも運動会です。1~3年生でYOSAKOIソーランを踊ります。ここ数年,ずっとそれに取り組んでいるので,3年生にとっては3年目です。昨年も今年も,縦割りグループごとに見合ったりアドバイスしたりしながら練習をします。

     3年生が1年生にやさしく声をかけながら教える姿は見ていて,とっても嬉しいものです。

     練習中は,3年生をうんと褒めます。2年生には

    「今の3年生の動きや,振る舞いをよーく見ておきなさいね。来年は君たちの番だよ。」

    「2年生も,3年生のまねをして,動いてご覧ね。そうそう,そんな感じで!」

    と2年生にも声をかけます。

     体育の時数を使って,特別活動の運動会をするのですから,両方のねらいを考えなくてはなりません。教師が一つ一つああだこうだと指示や命令?をしていては,ねらいが達成できません。

     いつもこの時期に思い出すのは,私は子どもの頃,運動会の練習が嫌いだったこと。開会式の練習なんて「そろってない!」とか言われて何度も怒られたり,ちょっとでも動いたりすると,やり直し!とか言われて,げんなりしたことを思い出します。

     教師が教えたり指示したりすることを否定しているわけではありません。それも必要なことです。しかし,目指したいことを率直に語りそれが子どもにとってどう大切なのかを伝えること,伝えようとすることが大切であり,その達成への過程で子どもたち同士のかかわりをくぐっていることってやはり必要なことだと思っています。

     子どもたちの力を借りる,とは子どもたち同士のかかわりをくぐって,主体的な学びを作っていくのに必要なことだと思います。それは例えば,運動会の開会式の練習だって,そうだと思います。

    2013-05-05仕切り直し

    自分の力以上のことをやろうとしても無理が出るし、歪が出る。仕切り直そう。