次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2013-04-25「作戦タイムやろうよ」

    【通信№12】より

    昨日,体育ではジグザグリレーとじんとりをしました。リレーでは,走る順番はチームごとに子どもたちが決めます。まだまだ自分が中心の低学年です。はじめは

    「ぼく,○番!」「私が最後!」

    とか,まず自分の主張をします。これ自体は悪いことではありません。しかし,それがだんだん強い口調になり,声の大きさで物事を押し通そうとするようになると,一言言わねばなりません。

    「声の大きさで無理矢理決めてはだめだよ。リーダーというのは,声が大きくて指図する人ではなくて,みんなの考えを聞きながら,みんなが納得できるようにきめられる人のこと。そういう人になろうね。」

    と。

     初めはなかなかうまくはいきませんが,つぎの陣取り遊びの時には,2回目の前に,

    「先生,チームでさくせんタイムやっていいですか?」

    と,聞いてきました。

    「もちろん!いいねえ!」

    とこたえました。

     体験を通して,みんなと相談しながら,みんなが納得し,楽しめるように考える,そんな調整力が少しずつ育つことを目指します。その方が,結局自分も楽しいし,自分のよさも発揮できるのですから。