次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2013-04-04年度初め

    今日は,年度はじめの職員会議でした。

     校長先生の学校経営方針は,教育目標に対する解説もあり,その思いが伝わってくるような中身で,職員会議の時間で参加していて楽しい時間でした。ここのところが,1年の職員会議の時間の中で一番大事であり,私たち学級担任養護教諭,事務職員がそれに対してじっくり思いやイメージを交流して対話したい部分だよなあ,と毎年思います。

     事務的な確認や打ち合わせももちろん大切で,そこがないとなかなか動き出さないのはそうなんだけれども,年度初めの,もっとも肝のところにゆっくり時間をかけられないところに,難しさがあるなあと思っています。

     教師に求められる3つの力。「情熱」「専門性」「人間力」という話もありました。そうだなあ,と思うと同時に,

    (何の,どんなことに対する情熱か?)(何を専門性というか?)(人間力とは何か?)と考えると,きっと,それぞれが思い描くイメージは違うだろうなあ,と思いました。違う事自体は,当然だし,いいと思うんだけど,それをすりあわせるというか,お互いどんなイメージを持っているのかを(正しいとか誤りとか決めるのではなく)出し合うことって必要じゃないのかな,なんて思っていました。

     私は私の立場で,今年度は特に教育目標の理念にこだわってやっていきたいと思っています。