次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2013-03-26来年度

    「職員室は、教室と同じ」という見方は、本当にその通りだと思います。

    教室で私が子どもたちにいって聞かせていることは、まんま、職員室でも必要なことです。

    もっとも、職員室では、私が管理者ではないので、若干動きは異なりますが、何を規準判断し行動するかは分かります。

    来年度の私は、そういう動きが求められている、ということしておきましょう。

    方向性を断固として守りながら、バランサーとして機能できるといい。

    でも、ストーミング時期も必要だと思ってるんだよね〜。できるなら5月までに。笑

    目指すのは、多様性を保持する職員室。「共通理解」と多様性の保持は矛盾しませんから。