次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2012-12-30成人式の案内

    前任校で受け持った子どもたちが,今度成人式を迎えることとなり,このたび招待していただきました。

     当時の文集や,写真を出してみました。ああ,そうだったそうだったと思い出します。

     この学年との思いでは,学芸会「ぞうれっっしゃがやってきた」。保護者も合唱隊として参加していただいたり,地域のピアノの先生が伴奏していただいたり,保護者の知り合いの方がフルートを吹いてくれたり,とそんな感じでやったのでした。で,私自身が音楽がまったくダメ…,ときています。

    (そのピアノの先生は,学芸会後の手記?で「すっごく不安だったんだよ~(笑)といっていました。)

     やる人がいなくて,結局私が指揮をすることになったのですが,けっこうめちゃくちゃだったらしいです…。

     当時は,総合学習で地域の戦争体験を学んでいたので,それもあってどうしても「ぞうれっしゃ」を学芸会でやりたかったし,子どもたちにも考えてほしかった題材だったのでした。音楽がダメダメだった私でも,なんとか「ぞうれっしゃ」が学芸会でやれたのも,子どもたちの力とその周囲の方々のお力添えのおかげだったなあ,とあらためて感じます。

     その3年後?(だったかな)には,3年生を受け持ちながら,音楽の得意な4年生の担任と6年生の担任で3学年合同で同じ「ぞうれっしゃ」をやったことを思い出すと,『学び合い』の考え方を学ぶ前から,けっこういろんな人と一緒になんかをすることが好きだったんだな,と思います。

     なんでそうかと思うと,それははっきりいうと,私だけでは出来ないからです。自分が出来ることもあるけれど,出来ないこともたくさんあります。でも,やりたいことをやるためにはやっぱり誰かの力を借りることが必要です。だから,です。

     当時は『学び合い』の考え方に出会う前だったので,授業は一斉のみで行っていましたが,もっと早く『学び合い』に出会っていれば,このたび,20才になる彼らにももっといい経験をさせてあげられたかなあ,と思いますがそれ仕方がありません。当時は当時で私なりにはやれることはやったと思うので。

     綴り方教師を目指していたその頃の文集を引っ張り出しました。写真も出してみました。この当時の学校も地域も今はもうありません。この子(もう成人か)たちは雄勝なので,このたびの震災で自宅や地域も大きな被害を受けたからです。

     この「新成人」たちは,これからの石巻を背負ってたつ人たちでもあります。この世代の人たちともつながりながら,私はさらに今の小学校の子どもたちに何ができるか考え,できることしていきたい。私には,自分でも自覚していますがカリスマ教師にはなれませんし,向いていません。そういう力ももちろんありません。でも自分にもなにか出来ることはあるはず。そう思います。石巻の教員でいることに誇りが持てるような仕事がしたいです。震災で,地域も学校もめためたにされたところが多い石巻です。震災前に戻るんじゃ足りません。震災前よりも,もっといい学校にすること,そして,この新成人たちが自分の息子や娘が学校に入る頃には,どの子も一人残らず幸せな学校生活おくれる学校文化ができている,そうじゃなくては割が合いません。

     じっくりやります。

     

    2012-12-28そろえるのは「やり方」じゃないよね

    http://manabiai.g.hatena.ne.jp/ogym/20121227

    なんでやり方をそろえようとするんだろう。素朴な疑問。

    「みんなちがってみんないい」とか,「ひとりひとり違うよね」というのは,誰でも納得できることだし否定する人はいないはず。

     でも,なんで,こと,子どもに対するときは「やり方」をそろえてやろうとすることが多いんだろう。多いとは言うと語弊があるかな。

     「共通理解」を「やり方」に適応しようとすると,Kさんが言っているとおり,

    >必要以上にやり方をそろえようとするとき、まず「ねらいを達成できたか」の前に、「そろえることができているか」というとても高いハードルが横たわるようになるからです。

     そして何年かがたっていってうまくいかなかったときの「考察(いいわけ)」が「共通して取り組むことができなかった(できにくかった・徹底しなかった)」というものになるだけです。(以上引用)

    となるでしょう。その繰り返し。

     どんな子に育ってほしい?そういう願いを「共通理解」というか「共有」できるようにしたいなあ。

     「やり方」をそろえるのは,たぶん,自分を守るため。みんなが同じやり方をしていれば,とりあえず,人からあれこれ言われ非難されることは少なくなるだろう,そういうことじゃないかな。それは,裏返せばきっと教師も様々な状況の中,とても苦しい状況にあるってことだろう。

     だからこそ,人と違ったことをしていても,結果は出せること,そして自分だけ結果を出すんじゃなくて,学校丸ごと子どもがのびのび学んでかつ勉強も出来るようにしていくこと。

     だから,校内研究は大事なんだと思っています。私たちが「やり方」をそろえなくても,学べること,目標を共有するだけで十分やれること,その方が楽しいことをつかめれば自然とそれが学校の文化になるはず。そう感じます。

     でも,これがまたなかなか難しいんですけどね。急激にやることはできません。かつ,そのやり方を強制することもしません。ただ,多様なやり方を許容するだけです。ゆっくり。

    Kさんがさらにこんなことを書いていらっしゃいます。そうですよね~,みんな,心の中ではそう思っているんじゃないのかな~

    http://manabiai.g.hatena.ne.jp/FlipperK/20121228

    2012-12-273学期は

    「え!勉強きらいなの?なんで?勉強するのって楽しいジャン!」

    こんなことをしれっと言って,子どもも

    「え?この人,本気で言ってるのか?????」

    と思って,しばらくして

    「どうやら本気みたいだ。」

    と思えたらいいんだな。

     できそう。できてきている。もっと,を目指すけど,3学期は。

     今のうちに,自分でももっと勉強して,おこう。

    2012-12-26再読

    この冬休みは,本を読もう。特に再読。

    そうすると,そのときとはまた違う意味合いに気がつくことが出来て楽しい。

    説明通りに人は理解しない,というのが,ホントよくわかる。

    2012-12-21チーム分け

    http://manabiai.g.hatena.ne.jp/FlipperK/20121221

    Kさんの記事を読んでて思ったこと。

    体育のチーム分け。ちょっと前は、

    「みんなで相談して決めてね。」

    といってやっていました。私が勝手に決めるのではなくて、自分たちのことを自分たちで決める、そういうことが大事だと思ったので。

     今は、ほとんどネーム板でのくじ引きでささっとやってしまいます。

     自分たちで相談して決める、は慣れてくれば、あまり時間をかけずにやれるようには、なります。でも、やっぱり相談の過程では

    「だれがうまいから…」

    とか

    「誰と誰では、どっちがいいか?」

    なんてことにどうしてもなり、どちらかというと「うまい」と思われている人から「うれて」いくような感じで、

    (なんかな~)

    という思いがありました。

     

     よく考えれば、話し合うことが大事なんじゃなくて、どんなチームであれ、そのメンバーで楽しめることが大事なことだなあ、と気がつきました。

    それ以来、

    「じゃあ、くじね?いい?」

    でやってしまいます。ボールゲームでも、長縄でも、鬼ごっこの鬼きめでも。だれと組んでもたいした問題じゃないじゃん、と私自身が思えばそういうもんだな、と。

     席替えだってなんだって、いつもくじ引きで、他の先生に言わせれば「ありえない」組み合わせになるともありますが、べつに大丈夫です。なんとかしてます。かれらが(笑)

     勝ってもつまらなくなってしまうこともあるし、負けても楽しめることってあります。だから、そういう経験をフィードバックして、

    「ほらね、勝つ負ける、強い弱いで、楽しさなんてあまり関係ないじゃん!」

    って感じでやっています。

     いろんな友達とかかわり、みんなが楽しめるような空間・時間をみんなで創る、創ろう、そんな感じでしょうか。

     かなり、肩の力をぬいています。

    2012-12-20うれしい

    学習が苦手な子が

    「3年生も,先生がいいな~」

    っていってくれました。

     自分にスポットライトをが当たって,喜んでいた頃は,今ではお恥ずかしい限りの振る舞いでしたが,今日はまたそれとは違った意味で,うれしいと思った一言でした。

    2012-12-181割増しに現実を近づけてしまえ(笑)

    【通信№90】

     2学期も、残りわずかになり、クラスがいい感じになってきました。二次曲線的に、ぐっと立ち上がってきたな、という感じがします。

     子どもたちの相互の関係の中で、高め合って進んでいる感じです。勉強するのが当たり前、仕事するのが当たり前、みんなで楽しみながらやっていこー!そんな感じです。

    (なんでかな~)

    と思って考えてみました。たとえば勉強。私が「あれやれ、これやれ」いわなくても、当たり前のように「ばりばりやる」子が一定数を越えたらからだろうと思います。そうなると、「ばりばりやる」のが「当たり前」になります。もとろん、それは勉強が得意とか苦手とかは関係ありません。

     実は、この「当たり前」感ってとても大事です。みんながやっているんですから、自分もやります。やることが自分やみんなにとって役に立ち、かつ楽しければそりゃあ、やりますよね。

     勉強でもしごとでも、実は自分から求め出せば「楽しい」し、「みんなとやる」のは「楽しい」のです。そんな中で、いくら一見勉強が得意でも、手抜きをしている人は友達から「ばかに」されます。その反対に勉強が少しくらい苦手でも、ばりばりやる人は「すごい!」と信頼されます。そういう段階にどうやら入ってきたかな、と思います。

     これからが楽しみです。

    ○今日、6時間目に九九をたくさんできました。どうできたかというと、7,8,3,4のだんのぎゃくができたし、4,3,8,7のだんのばらばらができたからです。これで、九九がぎゃく、じゅんばん、ばらばらでできたのでうれしいです。

     ほかには、5時間目のしょうかい文では「かっぱの手紙」をもう1回読んでから文をかいたのでやりやすかったです。(◇くん)

    ○今日は、バリバリべんきょうできたことはなあに?◎は、5時間目はむかしばなしの本を読みました。6時間目は、じぶんのレオドリルとかをすすめるべんきょうで、じぶんはこくごのつづきをやりました。3まいいきました。よかったと思います。あと、やっているうちにとまらなくなったけど、やっととまったからよかったけど。あしたのべんきょう、がんばるぞ~!!

    (◎さん)

    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

     まあ,若干オーバーではあるかもしれませんが,そのくらいの理想に現実を近づけてしまえ,という感じ(笑)です。もう,言っちゃったし!って感じかな。自分にも,子どもにもその気にさせるというかね。

     でも,今,いい感じなんで,なおたかさんじゃないけど,冬休みいらないよな~っていう感じ。

    2012-12-17たぶん前進

     同僚の先生と話していて。

    「いろんな子がいるでしょ?どうやって授業をくんでいったらいいか分からなくなるとき,あるんだよね。前は,そんなこと思わなかったのにね。」

    とのこと。

     それって,たぶん,一人一人が前にも増して,見えてきたってことだと思うんだよね。後退じゃなくて,前進しているからこそそう感じるんじゃないかな,と思いました。

    2012-12-12続けること

    とにかく,信念をもってやり続けること。

     様々な優れた方々,教師に限らず,から学んだことはここのところです。

    それが,先日の「東北元気ホワイトボードミーティング講座」に参加して,あらためて気づかされたことです。

    http://kokucheese.com/event/index/46085/

    現任校に赴任して,すぐに『学び合い』をはじめた年は,けっこう大変でした。もちろん,私自身も肩に力が入っていましたし,強情なところも全面に出してしまったので,周囲からはあまり?理解されませんでした。それは,私自身も未熟で,『学び合い』という名前?やり方?にこだわって柔軟性を欠いたところにも原因があったと今は思います。

     それでも,『学び合い』の目指す方向は,間違っていない,と思い,途中ピンチもありましたけど,何とかここまで続けてきました。今,ちょうど,学校評価アンケートの時期ですが,全員とは言わないまでも,保護者の皆様からもまあ,そこそこの評価はいただけるようにはなったみたいです。もちろん,疑問をもっていらっしゃる方もおいでですが,それは仕方がありません。人と違うことをするからには,リスクもしょいます。覚悟の上です。疑問をもっていらっしゃる方だって2週間くらいクラスに入っていただければ(そんなにかよ!)『学び合い』がよい,少なくとも悪くはない(やけに遠慮がち…)なのは分かっていただけると思います。だって,勉強が得意な子も苦手な子も,勉強が楽しいって感じられるんだから。

     近頃の私は,ちょんせいこさんが提案している,「信頼ベース×○○」の「信頼ベース×『学び合い』」のスタンスです。肩に力が入り,何が何でも結果を出さねば,と思っていた以前よりももっと楽な感じ。ことさらに,こどもたちに「みんなが」は強調しませんが,「一人も置いていかないこと」の意味と価値は何度も伝えるようにしています。私には,そういうスタンスの方が合うみたいです。

     とにかく,改善を加えながら,続けていくことを大事にしたいなあ,と思ったのでした。子どもたちの将来の幸せについて,クラスは,学校はどうあればいいのか,についてはこれでも真剣に考え続けているつもりですから。その結果の,今の授業スタイルです。

     なかなか全員の理解や賛同をいただくのは難しいのかなあ,こんだけやっても理解はされないこともあるんだなあ,とややブルーな気分になっていたところもあったのですが,今日の保護者の方のアンケート記述に励まされて,一気に回復しました。単純なものです。

     人と違うことを,あえてやり続けているんだな。リスク覚悟で,です。まあ,それぐらいは自分をほめてやってもいいかな,とは思いますけど。子どもたちが,明るく元気にがんばっている姿に,ホント,支えられます。

    2012-12-07分かる、分からない

    本気で学習すればするほど、分からないことがたくさん出てくるし、自分がまだまだ分からないことに気がつく。だから、分からない自分に常に向かい合いながら、チャレンジし続ける姿が求めている姿。

    「よく分かる授業」が、大事、と考える方とはそこら辺で噛み合わなくなってくる。もちろん、よく分かる授業を否定しているわけではないんだけど

    2012-12-05体育では

    【通信№85】

    体育では、今、運動を通してお互いのコミュニケーションの量を増やし,深めることを意識しています。運動が得意だろうと苦手だろうと、みんなと一緒に協力して楽しめ,そんな体育です。

     子どもたちに感じてほしいことは,「上手できるから楽しい」とか「うまくいかないから楽しくない」ではないと言うことです。もちろん,うまくできれば楽しいでしょう。しかし,それは絶対的なものではないのではないでしょうか。楽しいのは,「うまくできるように誰もが安心してチャレンジできる」,そういう雰囲気をみんなで作れることが「楽しい」のではないでしょうか。

     昨日の体育では「復活ジャンケン列車,ハイタッチバージョン」「氷おに」「ドッジビー」「長縄跳び」でした。例えば,長縄跳び。子どもたちには「回っている縄にも入れるようにグループでチャレンジしてみなよ。」と注文?を付けました。

    「ちょっとまってね!」

    「ゆっくり大きく回してあげて!」

    「じゃあ,いくよ!」

    「○ちゃんはまだ苦手だから,ゆうびんやさんからでもいいんじゃない?」

    などと,子どもたち同士で声を掛け合います。そして,なんともいいのが,縄を回すメンバーです。友だちの動きを見ながら,入りやすいように,跳びやすいようにうまく合わせて回そうとしているのがよく分かります。子どもたちを集めて話します。

    「とってもいいね。何がいいか分かる?回す人がとってもいいんだ。何でかというとね,跳ぶ人が跳びやすいようによく考えて回してくれているよね。跳んでいる人は,縄を上手に回してくれている人のおかげもあって,楽しく跳べているんだよね。すてきだなあ。」

    「こんなふうに,相手を思いやる行動ができたり,相手が良いプレーができるようにできるのが,本当にうまいってことなんだよねえ。」

     みんなで運動を楽しむことを通して,どうしたら自分のよさがのばせるか,みんなと一緒に楽しく過ごせるかをトライアンドエラーを通して体感し,身につけるのが体育の学習で学ぶことだと思っています。

    (ジャーナルより)

    ○たいいくでは今日もこおりおにができたね。こおりおにもたのしかったけど,なわとびもたのしかったよ。なわを回すかかりだったけど,たのしかったよ。なんでたのしかったかというと,じょうずに回せたからだよ。

    (○くん)

    ○たいいくをやりました。楽しかったです。このごろたいいくがすきになりました。またたいいくをがんばりたいです。(○さん)

    ○今日,4じかんめにドッジビーをしました。ドッジビーを自分ばっかりなげていたから,友だちになげさせてあげました。もうひとつあります。ながなわで,ちゃんと回せたのがよかったです。(○くん)

           

    ○たいいくのとき,回す人をこうたいするの,▲ちゃんでこうたいしたの。なわとびの大きいの,どうやってやるのかわかんないから,◇くんすごいよ。回しても入るんだよ。わたしもあんなふうにやれるといいなあ。(○さん)

    2012-12-04リスペクト

    隣の学校の「同士」と飲んだり,しゃべったりしていると必ず行きつくのは

    「やっぱり,お互いにリスペクトがないとね。」

    っていうこと。

     そうそう,立場や考えの違いはあってもいい。でもリスペクトがなくては話は通じないし,すれ違うし,学べない。大人同士でも大人と子どもでも,子ども同士でもそれは同じ。

     それはやっぱり,空気みたいなもので説明はつかないかんじだけど。

     

     この間の,ある学習会で出た「空気感」ってことばがやけに心にのこる。

    蛇足。