次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2012-06-06相手のこと“も”大切にすること

    【通信№30】

    売り言葉に買い言葉。クラスでは「けんか売り屋」「けんか買い屋」といっていますが(笑)

     きのうの朝の会で話したことです。

    「この前の話だけどさ,昼休みに○○さんが,勉強してたんだよね。そして,こっちでは■さんたちがオルガンを弾いてたわけ。○○さんは,勉強しているから,オルガンの音がうるさかったんだよね。だから,『ちょっと,オルガンうるさいんだけど。』っていったわけです。そしたら,■さんたちが『えー,うるさくないじゃん!」って言って,オルガンをそのまま弾き続けるわけ。「ちょっと!勉強してんのに!」「うるさくないよ~」何回かそんなやりとりを私は見ていたんだけど,こう言ったの。『ねえ,両方ともいい,っていうちょうど良いところを探してみなよ』って。そしたらね,■さんがしばらく考えたあと,『○○ちゃん,これくらいの音ならいい?』って聞いたわけです。そしたら○○さんも,にっこりして『うん,いいよ』って。ナイスだよね!

     何が言いたいかっていうとね,ほんのちょっと,相手のことも考えてあげることで,みんながハッピーに過ごせるということ。もめごとのほとんどは,『わたしのことをちっとも考えてくれない!』『私の言うことをぜんぜん聞いてくれない!』って言うことなんだよ。だから,相手の話を聞くこと。相手の言うことを分かろうとすること,かな。思いやりってそういうことじゃないかな。自分のことをちょっと大事にしてもらえば,相手のことも大事にできるんだよ。「自分が自分が」ばかり言っていると,いつも言い争いになっちゃうよね。自分もいいし,相手もいい,そんな「ちょうどいいところ」を見つけられるようになろう。そのほうがみんなが楽しいでしょ。(笑)」