次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2012-05-21だから

    ・わからないときは,あたまがへんだから,わからない。ともだちとやれるときは,あたまがわかってくれるから,やれる。

    ・わからないときは,あたまがぐちゃぐちゃで,わからない。ともだちとかくときは,あたまがきがついて,かける。

    ・たいいくがたのしくて,あと,ずこうもたのしくて,あと,こくごもたのしくて,さんすうもたのしくて,もうぜんぶやめられないくらいたのしいです。


    校内研究の,子どもへのアンケートの中から。どれも同じ子どもです。勉強は今のところ,あまり得意な方ではありません。

     私もできる,やれる,そんな気持ちをもっともっと高めてあげられないかと思います。勉強の得意な子には,そりゃすぐには追いつかないでしょう。でも,自分のよさに自信をもって,みんなといっしょに学び続けていければいいじゃないか,と思います。

     だからこそ,この子にも結果を求めます。以前は,その意味が分かりませんでした。結果のみを求めるのは冷たいような気がして。

     今なら,少し分かるような気がします。