次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2012-05-15「遊び」は「お遊び」じゃない

    f:id:motoryou:20120515100722j:image

    通信№21より)

    「陣取り」という遊びをしっていますか?地域や年代によって,約束事に違いはあるかもしれませんが,クラスでやっているのは,こういう感じです。

     二つのチームに分かれ,それぞれ「陣地」があります。(クラスではその陣地はマットを使っています。)自分の陣地を出発して,相手の陣地を相手につかまらずに,先に味方が踏めば,勝ちです。自分の陣地は,エネルギーの補給場所みたいな役割があり,自分の陣地を離れてからの時間が長いほど,そのエネルギーは減っていきます。エネルギーが多い(つまり,“新しい”方が,少ない(つまり“古い”相手より強いことになっているので,後から陣地を出発した方が相手を捕まえることができます。エネルギーが減っても,一度自分の陣地に戻ってマットを踏めば,またエネルギーが補給されて“新しく”なります。ですから,自分の陣地と相手の陣地の間を行ったり来たりしながら,誰が自分より“新しい”か“古い”か(つまり強いか弱いか)を判断しながら,すきをみて相手陣地攻めに行くという遊びです。

     この遊びのおもしろいところは,明確な「審判」がいないところです。つまり,遊んでいる当人同士が,“新しい”“古い”を判断しながらゲームを進めていくところです。こういう遊びは,「大人」が決めたルールに従って行動したり遊んだりすることが多い子どもたちは,最初,なかなかうまく遊べません。もめたりすると,すぐに大人に「審判」を求めます。でも,私が言うのは,

    「そんなの,自分たちで決めれば?」

     そうこうやっているうちに,そんなにいちいち大人の審判を求めていては,おもしろくないこと,そして,実は自分たちでうまく折り合いを付けながらやっていけることに気がつきます。そして,その方が楽しいことも。

     そして,さらに何回かやっているうちに,一人がおとりになって相手をおびき寄せているうちに攻めるとか,3人,4人でコンビネーションを組みながら攻めるということも,やり出します。または,作戦タイムで,チームのみんなで攻め方を相談したり。だんだん進化,深化していきます。

     子どもにとっての「遊び」は決して「お遊び」ではありません。仲間と目的を共有しながら,コミュニケーションを図り,ミッション?を果たしていくこと。まさにこれは,社会に出てから我々大人が必要としている力です。もちろん,トラブルの解決方法もその中で体験的に学ぶことができます。

    「お,頭を使ってやりだしたね~!さすが」

    「あ,おとり作戦かな~(笑)」

    「どっちが新しいか古いか分からなくなったときの,解決,○○君たち,とってもうまくやったよな~,さすがだね!」

    なんて言いながら,子どもたちの様子をじっと見ています。

    o4dao4da2012/05/15 22:41今日久しぶりに造形遊びをしました。8年ぶりほど。その中で思ったのは教室単位でやりましたが、真剣に見ると異学年教室と同じようなまなざしをもつ瞬間があります。それは、前任校が各学年1クラスだったからかもしれませんが、よく見ると多様です。造形遊びのようにがーっと任せて発想してよいような課題では、生の姿が見えてきます。休み時間にはかかわらない者どうしもゆるーい課題によってかかわり、問題が起きます。中心の子、主張の強い子、決めつける子、ぽつんとする子、入りそびれる子など多様です。さあ、どうかかわるかを悩みます。寄り添い、全体に働きかける、わざとらしいのは控える、全体での話し合いをもち願いを伝える、残り時間を言うなどです。クラスの新たな視点を見れてよかったと思いました。前はこれ遊び?という指摘がこわかったのですが成長した気持ちがしました。遊びつながりでの思いつきメモでした。長くすみません。

    motoryoumotoryou2012/05/15 22:51その,生の姿が好きです。いわゆる授業中でも,彼らは常に生の姿なのがまた,たまらなく好きです。だから『学び合い』にひかれたのかもしれません。わざとらしさがないですから。

    sumi-chansumi-chan2012/05/15 23:32運動会でやる組体操の21人ピラミッドのポジション決めをやりました。
    去年経験している子達だし、小学校最後の運動会ということもあり、私の方で体の大きい順に決めることはしないで、子ども達に話し合いで決めるよう言いました。
    体育係が中心で話を進めましたが、はじめに「自分のやりたいところに名札をはって」という所からスタートして、決まるまでにかなり時間がかかりました。
    子ども達の様子をみながら、途中で少し口を挟んだりしていましたが、自分たちの話し合いでなんとかしようと頑張っている子もいれば、体の大きさで決めた方がいい去年もそうやったからと私に進言に来る子もいました。「私じゃなくて、みんなに言って」とちょっと突き放しました。また、「どちらが正しいかじゃなくて、どちらも間違ってないんだよ。だからこそみんなで話し合うことが大事なんだよ。大変かも知れないけど、運動会を通してそういう部分もみんなに経験してほしいし、チャレンジして欲しい」という話をしました。

    motoryouさんの記事を読んだら、今日のこの出来事が思い浮かびました。
    (もっと遊びの中で繰り返し経験させた方がいいな、と、ちょっと反省、、。)

    motoryoumotoryou2012/05/16 06:06そうですよね。どっちも間違っていないんです。だから、話し合うのですよね。この感覚、私も最近、やっとわかりかけてかました。以前は、すぐふっかけるくせ、ありましたから…(恥ずかしい…)

    g5o0t9o9g5o0t9o92012/05/16 23:40非常に納得の内容でした。
    私の受け持ちの生徒も,教科でも学級活動でも,日直の仕事でも
    何でも最初は,大人の判断に頼ろうとして質問してきました。
    『学び合い』実践が始まってからは,
    自分たちが決めるほうが楽しくて役に立つということがしみ込み始めています。
    中学生たちは,案外,先生のいう通りにすれば内申が上がり,
    高校入試に有利では...というお化けを背負っている場合が多く,
    その呪縛から解き放つ意味でも,「自分で」の価値に気づかせるのは重要と考えています。

    motoryoumotoryou2012/05/17 22:40g5o0t9o9 さん,コメントありがとうございます。大人の管理下に入るのが「安全,安心」ということを学んできたのでしょうね。