次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2012-05-09質もだけどまず,量

     うちの学校のワークショップも,今年度は月2回にすることができた。

     今日は,「運動会をどうつくる?」というテーマで,ごちゃごちゃ話した。

     一方的でなく,双方向の話をたくさん積み上げることを,今年度はとくに大事に仕組んでいきたい。

     コミュニケーションは量があって,その次,質。そうだよね。

     うちの学校のワークショップも,今年度は月2回にすることができた。

     今日は,「運動会をどうつくる?」というテーマで,ごちゃごちゃ話した。

     一方的でなく,双方向の話をたくさん積み上げることを,今年度はとくに大事に仕組んでいきたい。

     コミュニケーションは量があって,その次,質。そうだよね。

    g5o0t9o9g5o0t9o92012/05/09 22:53本日の理科の課題は,全員がわからないまま終わってしまいました。多くの生徒が授業後「疲れた~。疲れた~。」と理科室を出ていきました。これはやっちまった。課題設定の大失敗と思っていましたが,帰りの会の「今日のベスト」では,理科の時間が楽しかったと答えた生徒がことのほか多くて驚きました。
    聞けば,「教科書にも資料集にも何も手がかりがなくて,自分たちで考えるしかなかったのが楽しかった。」そうです。
    先生が以前お書きになった「分かんない授業もよいのでは。」ということ。
    違うかもしれませんが,こんなことをおっしゃっていたのかなぁ,と感じることができました。

    motoryoumotoryou2012/05/12 18:30g5o0t9o9さん,コメントありがとうございます。学ぶことの楽しさって何なのか,ってことをかんがえています。「教師側」の都合では「みんな100点」だと,うれしいし,子どもも満足するはずって思うけど,その100点に価値付けしているのは,教師なわけで,100点自体に価値がある訳じゃないですよね。だから…。う~ん,うまくいえないなあ。

    g5o0t9o9g5o0t9o92012/05/12 18:41ありがとうございます。
    理解できたつもりです。昨日の授業は,「実験を全部の班で成功させたい」という欲に駆られて,説明するふりして実験を生徒からとり上げ,生徒のおそらく人生一回の体験の機会を奪ってしまいました。全班実験成功は教員の価値。生徒の価値は個の体験の質なのにです。