次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2012-02-05おりあう

    「そもそも対立というのは、ほとんど前提を共有しているものの間でしか、おこらない」

    ある本に,書いてあったこと。確かにそうだな。

    そう思うと,意見の違いなんて,どうでもいいことで,双方で折り合おうという気持ちがあれば,いいだけのことなんだな。だって,同じ土俵にいるんだから,基本の立場は同じはず。

     思い返してみれば数年前には,職員会議で「もの申す」みたいなことで,自分の意見を主張していた時期もあったなあ。そのときはそのときで,なんでもかんでも,「はい,それでいいです」なんていてたまるか,とか「上からのお達しをそのまま受け取るなんてできるか」とか,そんな自分勝手な“正義感”?を振りかざしていた。今思うと恥ずかしい。結局は「自分が正しい。相手が間違っている」という,本当に自己中なやつだったわけである。

     私が正しい,と思うからだめなのだ。

     「おりあいをつける」この言葉の,自分の中の意味合いも,ここ数年で様々に変わってきている。あ~,おもしろいもんだなあ。