次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2011-07-31講演会

     昨日は,教員仲間でやっている研究集会に行ってきました。京都から,特別支援教育に長く携わっているいる先生をお招きしての講演会でした。

     ときに「扮装」して授業をする,まあ,変わった?といえば変わった先生です(?)(だって,その扮装ってのが半端じゃないんですから!。「なんのために?と思ったけど,その意味はあるみたいです。ちょっと説明してくれたけど,結論は“やってみなきゃ,分からん”だそうです。そうかも…)

     


    「良循環。いい循環をつくる。笑顔。今をいい状態に置く。それを続ける。それが 将来につながる」

     「今が,大事なの。将来にむけて今は我慢しな,ではないんだと思う。今を幸せに生きることが,将来を幸せに生きることにつながるはずだし,そういう世の中にせなあかん」

     「教育の目的は,幸せになること。幸せになることの術をつかめるようにしていくこと」

     そんな話に,そうだよな~と思って帰ってきました。

     

     特別な支援の必要な子は,時に図らずも,「注意されたり」「叱られたり」することも多いだろう。教師である自分が,例えばそういう時に,どう見て,どう行動するかは,その子やその子のみならずクラスの子の人生にかかわる問題なんだよな。結局,自分の在り方が問われるわけです。

     だから,いつも学び続けないとな。