次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2011-06-13神様仏様ご先祖様

    昨日の夕方のこと。庭が草ぼうぼうになってきたので,

    「今日やらないと,また1週間,そのままになってしまうなあ…」

    と思って,草刈りをすることに。刈り払い機を取り出してエンジンスタート。

     ふと見ると,花壇の中も草がいっぱい。

    (あ~,ここもとらんとな~)

    と思って,手でわさわさと抜いていたところ,

    「ガシッ」

    と鈍い音がうしろから…

    「あっ…」

    と思った瞬間にはもう遅かった。右足のかかとの上辺りを刈り払い機の後ろにぶつけてしまった。しっかりと靴下が裂けている。

    (あちゃ~)

    と思っているうちに,血がツーと。

     使い始めたころは,完全防備で扱っていたんだけど,近頃慣れてきて油断していた,と後悔しても後の祭り。

     妻に車にのせてもらって,石巻日赤病院へ。急患受付では,自ら右足を押さえながら,受付表を書く。

     少々まってから診察室へ。診察の結果,傷の深さは思ったほどではなかったようで,縫合はしたもののアキレス腱などへの損傷はなく,不幸中の幸いといったレベルで済んだ。(手当をしてくれた先生は名古屋の先生,看護師さんは富山の方で,こんな所でも,被災地の病院を感じた)

     それにしても,自分の油断がうんだことであり,自業自得である。

     でもこんな時は,最近,

    (神様,仏様,もしかしたらご先祖様が助けてくださったのかも。ありがとうございます)

    と考えるようにしている。だって,もっとざっくりいっていてもおかしくなかったわけだから。こういう風に思うことは,例えば,車で寸前でぶつからずに済んだときも同じ。

    (うわっ,どこかの見えざる力が,ちょっとタイミングをずらしてくださった…)

    とか

    (一瞬はやく気付かせてくださった…)

    と思って,心の中で

    (感謝,感謝…)

    と。

     で,今日は びっこをひきひき,学校にいったら,

    「先生,どーしたのー??」

    と。これこれしかじかと話すと,

    「まったく~」

    とか

    「それじゃあ,おばかじゃ~ん!」

    だって。は~。


     でも,1日勤務を終えて,下駄箱に行き,靴を取ろうとしたら,

    (うわっ…)

     スニーカーの後ろの,ちょうどかかと部分を覆っている部分の上部1㎝の所が,ざっくりときれている。

    (うわっ…,ギリギリじゃん…)

     あらためて,神様仏様ご先祖様にお礼を言いました…。

    f:id:motoryou:20110613200742j:image