次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2011-01-25「志教育」

     県では,教育振興基本計画を受けて「志教育」という取り組みを始める。

    今日は,地区の各校の研究主任が集まり,その概要の説明を受けた。

     時間がないので,今日は詳しくは書かないけれど,

    ・社会に出て生きてはたらく力,人づくり

    ・そのために,学校教育の中で「自己肯定感」を育ててほしい。

    ・学ぶことと生きることのつながり,なぜ学ぶのかを伝えてほしい。

    というようなこと。

     言葉にすれば簡単だけど,実現するのはけっこう覚悟がいるはず。

    「今までやってることでいいのです。新しいことを始めると思わなくてよい」

    とはお話される。

     では何を変えるのか?「学力」をどう捉え直すのか?

     そこを質問したのだが。

     何も変えなければ,おそらく絵に描いた餅。何かを変えなければ,きっと何も変わらない。変えるとすれば,多分,いや,きっと「考え方」。

     だんだん,方法でなく考え方の部分で,多くの人と対話できる素地ができつつあると捉えたい。