次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2011-01-24ポートボール始まります

    今日からポートボールの学習がスタート。

    目標は

    ①みんながポートボールのゲームを楽しめるようにする。(ルール,協力,安心・安全)

    ②パスを出す,受ける,シュートができる。

    ③パスがもらえるところに動ける。

    の3つで,まず始めました。

     子どもたちはまずはボールを持って,それぞれパスの練習などを始めましたが,ちょっとしてから,

    「ねえねえ,パスをして,相手がうまくとれなかったら,どちらが悪ぃと思う?」

    「・・・パスしたほう?」

    「そうだね。そう考えた方がいいかもね。パスは,味方にボールを渡すためにするんだよね。だから,味方がとりやすようにパスを出してあげないとね。だれにパスを出すかでも,パスの仕方は変わってくるよね。大事なのは思いやり。それがないと,パスも成功しないよね。」

    「パスは『お願い』とか『頼んだよ』ってこと。お互いの信頼の印。」

     子どもたちにはそういっただけで,とってもやさしいパスになりました。その前には,ちょこちょこ見られた

    (ドッチボールか??)

    みたいなパス?もなくなりました。よかった。

     そうしていると,声をかけてパスを出し合うグループや,動きながらのパスを出すグループも。

    「いいね,いいね,どこがいいか分かるかな~」

    なんて言いながら,体育館を子どもたちに声をかけながら歩いていました。

     アイコンタクトでビビッとコミュニケーションをとって,思い通りにシュートが決まる,そしてハイタッチ。そんな風になるといいなあ。