次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-12-30「学習強要 低学年は逆効果」

    「学習強要 低学年は逆効果」~中学生以降は好影響~

    こういう見出しで,先日地元の新聞に記事が載りました。仙台市教委と東北大学で学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト委員会をつくっています。記事によると

    ■「委員会は,勉強の強要や詰め込み教育は,低学年であればあるほど逆効果と指摘している。」

    とあります。

     「勉強をやらされている」と感覚があると,そりゃあ,学習がきらいになるのは当たり前ですよね。何事も無理やりはよくないに決まっています。近年の「学力低下」のかけ声の中,学校現場にも強く「学力向上」が要求されます。とにかく目に見える結果を,数値を出さないと「説明責任」が果たせん,ということで,小学校でさえ「テスト点」が重視されます。多くの学校の校内研究だって,立派な主題を掲げてはいても,最後は「学力テストの成績があがった」「平均点が何ポイントどうなった」という形で評価する場合も多い気がします。

     そんな感じだから,まずは手っ取り早く点数が上がりそうなドリルやプリントなどに偏ったり(それも必要ではありますが。誤解のないように)するということもある気がします。テスト点も学力の一部ではあるけど「学力=テスト」ではないですよね。私なんかは,学習意欲,学ぶことが好き,というのが一番大切な学力だと思いますけど,まだまだそれは現場では少数派。 この見出しで,「何か違うんじゃない?」と思ったのは「~中学生以降は好影響~」のところ。記事を読んでみると,

    ■「委員会は,低学年に無理に勉強させるのは逆効果で,外圧による学習が良い成績に結び付くのは,中学生以降であると分析。○教授は『学年が上がると,具体的目標のある児童生徒が高い学力を示す傾向にある』と説明する。」

    と。「外圧による学習」というところが,

    (多くの人は,やっぱり子どもは,させないと学習しないと思っているんだなあ)

    と感じました。「学習」でなく「勉強」なんですね。そのあたりの,大人の「学習観」こそ,変えていったほうがいいのかなと,記事を読みながら思いました。