次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-10-08いいと思うんだけど

    学校現場はやっぱり忙しい。朝,出勤して,放課後,子どもたちが下校するときになって,

    「そういえば,今日,トイレ,まだ行っていない…」

    という日だって,ある。

     

     で,校内研究。(唐突)うちの学校の場合は,大きなテーマで,各自が自由な取り組みをして。それを交流しあう,というやり方をとっている。ようは,子どもにとって,職員にとって,地域にとって「いい学校」になれば言いわけであって,「研究」なんてする必要はないと,私は思っている。

     同じ職場で,同じ子どもたちを前に,みんなそれぞれ全力で取り組んでいるわけで,その日常の取り組みや悩みをみんなで,気楽に共有し,改善に向けて継続的に取り組めれば,それだけでいいはず。

     りっぱそうな「校内研究」をしようとして,やれデータだ,数値だ,何が何ポイントだとかいったって,それが目の前の子どもたちに,どう生きているのか私には???である。もちろん,それが無駄だっていってるんじゃないけど,目の前に日々登校してくる子どもたちがいて,その子たちと一緒に学んで行こうとすると,そんな数値を相手にした「研究」なんてやってられない。

     うちの校内研究は,とにかく,職員間の風通しをよくしようと,会議ではお互いがとにかくおしゃべりする時間がほとんどである。週1回「真面目な雑談クラブ」なんて時間もとって,子どものこと,学校のこと,授業のことなんかを,ただおしゃべりする機会もある。しかし,その「真面目な雑談クラブ」だって,ばたばたしていると開催を“忘れて”しまうこともある。

     毎日,一定時間,職員みんなが,テーブルに集まって,コーヒーでも飲みながら当たり前の,合法的休憩をとれる環境があったなら,それだけで,学校はもっとよくなると思う。リアルタイムで,課題や成果の共有が図れるだろう。

     研究テーマが,学校教育目標で,手立ては,毎日の確実な休憩の取得のみ。これって,いいと思うんだけどなあ。きっと成果があがる…。

    irutyanirutyan2010/10/09 05:23賛成でっす!

    motoryoumotoryou2010/10/09 10:07やりたいと思ったこと,自分でやろうと思ったことは本気になりますもんね。「やりなさい」と言われることが多ければ多いほど,やりたいと思ったことがやれなくなるってけっこう多いですから。「もっと学校をよくする」「もっと楽しい学校にする」ということをみんなが考えて,それぞれの意志で動く。それが一番いいよな~と。