次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-10-03思ったこと

     福島・郡山行きの車中,通称『学び合い』号の中で,しゃべりながらあらためて思ったこと。

     人は,楽しいとか,嬉しいか,満足するとか,基本的に「快」の方向にしか動かない,ということ。まあ,当たり前と言えば当たり前だけど。その先にそれがあることが分かれば,苦痛や困難を乗り越えようとするということ。

     自分がしたいと思い,自分で決めたとは,自分でするし,忙しくとも大変でもやる。やりたい。でも,人から押しつけられたり,自分で納得していなかったり,やる意味が見いだせなかったりすると,やらされ感ばかりで,やる気が出ない。どうしてもやれということになれば,とりあえず,やったふりをする。

     そういうことなんだ。考えれば,当たり前。

     そんなことを思いながら福島の会に参加したら,自分の中でぼんやりしていたことを,はっきりさせて頂いたきがした。

     自分のひとりごと。内からでてくるもの。それが大事。内から出てこれるような環境を整えること,促すこと。いわゆる教師目線では,ものが見えなくなる…。福島の会で学んだことをこれからちょっと,自分の中で整理したい。