次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-09-30成功のイメージ

    水泳の学習を3,4年生合同でやってきて,その流れというわけでもないけど,学芸会も3,4年生で演じることにしている。

     前任校で,3,4,6年生で合唱構成劇をやったことがあり,その時も異学年の子どもたちが同じ目標に向かって演じることの相乗効果を感じた。

     それで,今回もチャレンジ。3年生,4年生で一緒になって演技を相談したり,休み時間に何人かで集まって踊りの練習をしたりとだんだん盛り上がってきた。

     全体を「だいたい」通せるようになったので,これからの練習は,子どもたちにはっきりとした目標を持たせ,その達成に向けた本気の取り組みを促していこうと思う。

     「ぼくたちが満足する『泣いた赤鬼』にするために大切なこと」というテーマで意見を出し合い,取り組み方のイメージは“だいたい”共有されてはいるけれど,それがはっきりとした成功の結果としてのイメージがまだぼやけたままである。

     次週早々に「ところで,どうなれば,ぼくたちの『泣いた赤鬼』は成功といえるの?」と問いかけよう。

    あ,練習内容計画も子どもたちが立てればいいんだ…。