次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-09-27「この職員室,安心できる!」

    「この職員室,安心できる!」

    今日は校内研究のワークショップの日。ワークショップが終わった後のある先生のことば。最高の褒め言葉ではないか思います。素直にうれしいです。

    「生き生きと学ぶ子ども」という大きなテーマに向けて,それぞれがそれぞれのやり方でアプローチする。それを,ワークショップで月1回交流する。ほぼ,それだけである。がそれだからいいんだと思います。

     ワークショップで語られるのは,飾りのないそれぞれの取り組みと今後にむけての方向性。それにもとに,職員室の仲間が,自由にそれでいて温かい対話をします。そこには役職や年齢は関係ありません。だいたい,校内研究の話し合いをしながら,笑い声が絶えないなんて学校は,そうはないんじゃないか,と自慢します。(な~んて,ね)自然体です。

     教科で縛られない研究なので,「学ぶとは」「学習の意欲とは」「クラスは…」と多様な点からおしゃべりできます。時間があっというまに過ぎます。もう少しみんなとしゃべりたいな~という気持ちで終わります。

     この,もう少ししゃべりたい,とい気持ちが大切だな,と思います。私たちの学びは,このワークショップの時間で終わりではなくて,このワークショップをきっかけにして,また明日から,職員みんなで,休み時間だったり放課後だったり,廊下だったりで,第2ラウンドが始まるのであ~る。

     私たちが,学ぶことを楽しめれば,子どもだって,楽しめるよな~。大人だって支え合って学べば,楽しい。