次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-08-13評価

    最終的には3年生といえど,自分の学習を自己評価できるようになってほしいと思います。どこかの誰かさん,ソレがたとえ教師であったとしても,じゃなくて自分で評価できるようになった方がきっといいはずです。

     自分は何を目指して学び,その結果どういう成果があったのか,うまくいったのはどんなところで,今度改善をしたいと思うところはどんなところなのか…,を自分で振り返って,次の一歩を踏み出せる主体的な学び手。

     夏休みで時間がわりと使えるので,今日は2学期単元の,子どもが使う評価規準表(試作)をちょっと悩みながら,いくつか作ってみましたが,まだまだしっくりきません。2学期,試しに使いながら,やっていきたいと思っています。

     テスト(だけが)ゴールにならないような,いわゆる「テスト」の位置づけを下げた評価,というかテストに代わる評価って,なんて考えながら今日は半日考えたのでありました。