次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-07-29中学校との懇談会

     今日は,うちの小学校の進学先にもなる中学校へ。

     今,地元では「小中連携」がテーマになっているので,そのなかの一つの試みとして,この時期に前年度6年担任と現6年担任,養護教諭,教務主任と中学校の1学年担任の先生たちとで懇談をするというもの。

     中学校の先生方の話を聞いて,うれしくなった。ちゃんと,自分たちで判断し,動けるクラスを作っているんだな,と思って。

     中学校の先生の話

    ・教室には笑いが絶えない。クラスの雰囲気がよい。

    ・自分たちで考えて行動できる。

    ・何でも一生懸命取り組む。手抜きはしない。活動意欲が旺盛。

    ・仲間同士で声をかけ合っている。

    ・クラスとしてのまとまりがすばらしい。

    ・学習でも,困っている人には進んで手助けしている。

    などなど。

    6年の時のクラス目標

    ○元気よく,明るく笑顔でやりとげる

    ○思いやり,楽しく仲良く,助け合う

    やれているかんじだね。


    うちの小学校からと,もうひとつの小学校から進学し,現在中学校で2つのクラスをつくっている。1クラスあたり出身小学校は半々。それでも,どちらもいい雰囲気のクラスを維持していることがうれしい。

    「中学校でも,同じクラスのままならな~」

    といっていた子もいたが,やっぱり,新しい仲間を加えて,また新たにいいクラスをつくったほうが,楽しいはず。クラスをこえて「いい学年」を次はつくればいい。

     中学校生活も,よいこともあれば大変なことも在るとは思う。仲間といっしょに支え合いながら,チャレンジを楽しんでほしい。「みんなが楽しいを大切に(自分を含めた「みんな」)」「一人も置いていかない」…。小学校でみんなが大切にしてきたことは,中学校でも同じように大切にしてほしいと思う。