次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-04-21へ~,やるじゃん!

     我がクラスはm「超元気集団」なのはいいんだけど,しょっちゅうもめ事がある。誰が何したの,なんだのかんだの…(笑)あんまりしょっちゅうやっているから,何でそうなるのかな~と見ていたら,やっぱり言葉がいけないんだね。なんだっつっうと,ケンカを売るような言葉を言う。すると,その言葉を「買っちゃう」うんだよね~。すると,ケンカの始まり始まり~!それで,私の所にいいに来る子あり,どうかするとバーゲンセールのように,その渦中に「参戦」しちゃう子ありで,バトルの輪が広がっていく(苦笑)

     「ちょっと,きみたち。ケンカ屋本舗かい?そんな言葉使って『え~ケンカはいらんかね~』って売って歩いてるみたいだね~。売れなきゃそれでケンカははじまんないんだけど,すぐ買っちゃう子がいるんだよね~。毎度あり!だね~。どうかすると何人も買っちゃうからね~。大安売りだな,こりゃ。でもさ~,よ~く見てごらんよ。ケンカの売り買いをしている人って大概同じ人じゃないのかな~,ケンカが趣味なら,その人たちだけで,どこか別な場所でやってくれないかな~」

    なんて,「お話」も。

     そんな感じだから,今日の1年生を迎える会の我がクラスの出し物「大根抜きゲーム」はちょっとしたチャレンジなのである。なんてったって,背中合わせに輪になって座り,腕を組んだ3年生の子どもたちの足を,1年生が引っ張って「抜く」というもの。1年生に足を引っ張られて,怒ったり文句言ったりしないかな~と。職員室でしゃべったら

    「お~,そりゃあチャレンジャーだなあ。何かが起きる!?」

    だって…。

     でもね,このゲームは私が子どもたちに提案してみたんだけど,それなりの意図はある。まだ自分が自分が,感の強い子どもたちに人を楽しませる感覚を味わって欲しいこと,みんなで一致団結する面白さを味わってもらうこと,である。それを全校の前で行うこと,である。

     で,今日はその1年生を迎える会。大成功!。ちゃんとにこにこ顔で1年生を楽しませることができました。自分たちも「楽しむ」こともできました。1年生が相手だとちゃんと,持ち前の優しさも照れなく発揮できることも分かりました。へ~,やるじゃん!

     3年生。まだまだ友達はイコールライバルでもあるのかもね。これから,様々なことをみんなで取り組んでいき,そのライバルが「仲間」「チームメート」という関係に進化していけるようにみんなでやっていきたいね。

    (あ…,この子たちならできそう。このスーパーなエネルギーを活かせばきっとすてきなクラスになるなあ…)

    そんな風に思った。

     よし,次はもっと「みんな」を意識した学習と,運動会だ。

    f:id:motoryou:20100421221254j:image

    ghjalghjal2010/04/21 23:18うわあ。面白そう。やっぱり遊びはガツンと体がぶつかったり…この場合引っ張り合いかあ。

    motoryoumotoryou2010/04/22 21:49ghjal さん,コメントありがとうございます。なかなかおもしろいっすよ!