次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-03-28違いを違いとして認め受け入れる,認め合う

     そもそも,人はそれぞれ考え方もものの見方も感じ方も違う。考えて見れば当たり前のこと。だから,その当たり前を当たり前のものとして受け入れつつ,どうしたらいいかを考えられる力が必要になる。

     それぞれの違いを違いとして受け入れ,認め合えること,そしてその中から,未来に向けて道を探れること。そして,自分には自分の良さがこんなたくさんあるんだと自信を持って進めるようになること。それを学校生活の中で,クラスのあらゆる活動の中で体験的につかんでいくこと,それを支えてくれる多くの仲間をつくりながら。そして,全ての子どもに。それがやっぱり大切なんだと思う。だから私は『学び合い』を選択している。

     何をどれだけ知っているか,よりも,これから何ができるか,(「子どもたちに「未来の学力」を」福田誠次)そこに視点を置いた価値観を子どもたちにも持って欲しいと思う。自分の可能性と,周囲の人の優しさや力を信じられること。そして違いを違いとして受け入れられること,一致点を見つけられるように対話できること,見つけられなかったら少なくても待てること…。

     「勉強が早くやりたい!!」といって入ってくる小学1年生が,6年間を学校で過ごして勉強嫌いになっていくとしたら,不登校の子どもが出るとしたら,それはどこかに問題があるからであろう。その問題を解決できるのは,その現場でしかないと思う。どうしたらいいか,職場で,教室で,当の子どもたちと解決するのが当たりまえだと思う。

     この春,卒業していった子どもたちが私に書いてくれた色紙のことば。

    ○この1年間はありがとうございました!勉強の時などは楽しかったです!!あと,ゲームとかおもしろかったです!

    ○初め,□先生の勉強の仕方は他の先生と違い,とても不安でした。でも□先生の勉強の仕方で私はいろいろなことを学びました。これからも□先生は□先生らしく,勉強の仕方をしていってください!!

    ○6年生になり,勉強の仕方が変わりました。最初は手間取ったけど,この勉強の仕方が楽しくなってきました。1年間ありがとうございました。

    ○1年間ありがとうございました。先生はいつも(?)おもしろく,授業もとてもたのしかったです。これからもおもしろい先生でいてくださいね。

    ○1年間ありがとうございました。先生は変わった人で大変楽しかったです。先生もこれからですので,がんばってください。

    中学校へ進学するみんなへ。

    「元気よく 明るく笑顔で やりとげる」「おもいやり,楽しく仲良く 助け合う」このクラス目標を忘れずにね。つらくなったら,いつでも周りの仲間が支えてくれることを忘れずに。そして,つらそうな友達がいたら,いつでも支えるようにね。一人みんなとは違う中学校にいくR君,かげながら,仲間が支えると思うよ。S中とK中の橋渡しもやってね~。