次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-02-28ここさえ

     私はクラスでも職場でも,たぶん,ほとんど『学び合い』という言葉を使いません。(レポートなどで文章化するときは分かりづらいのでそう書くこともありますが)

     『学び合い』って言ってしまうと,言うと同時に「『学び合い』じゃない授業」が生まれてしまう気がするからです。と同時に,いわゆる教師主導型の授業を否定しているようにとらえられて,私の思いとは違うところで摩擦もうまれかねない。そう感じるからです。

     先日の東北青年塾の懇親会。N先生が帰り際に

    「方法は何通りもあるんです。ミックスもいくらでもできる。でも『学び合い』の考えはミックスできない。一人も見捨てない,ということを本気で目指すこと,この考えにミックスはない。全ての子どもたちに『自分には,見捨てない仲間がいる』ということが分かる,『自分には仲間がいる』と確信をもった子どもを育てることなんです。」

    と話されてちょっと早めにお帰りになりました。

     ここが本質。ここさえ,しっかり気持ちにしまっていればいいんだと思う。ここのところを,話したり,話すだけじゃなくて実現を図ろうともがくことで,周囲はいつかは理解してくれるはずです。『学び合い』というネーミングで理解するのではないでしょう。

     「一人も見捨てない」その気持ちが弱く,というか分かっていても気付かないふりをしちゃう弱さが出ないように,こうして時々,N先生や全国のがんばっている方々の生の声を聞き,自分に刺激をもらいにいくのであるなあ。