次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2010-01-04仕事始め

    今更ですが,あけましておめでとうございます。

    今日は日直で,初出勤・仕事始めでした。教員の中で,今年一番の出勤(業務員さんには先を越されてしまった)ということで,なんか得?した気分になった。

     最初の仕事は,今月行われるI地区の校内研究研修会の資料の仕上げと印刷。I地区各校の研究主任が集められての研修会です。本校では,職員同士が共通のテーマの達成を目指して,それぞれが自由な取組を行っています。これは,言ってみれば教員の『学び合い』をイメージしています。研究テーマがあって,研究仮説があって,共通の手立て1,手立て2があって,というような研究スタイルが,どちらかというと一般的なこの地区にあってはかなり異質なスタイルです。しかし,本校の職員の方々からは,

    「話しやすいし,研究が楽しい」

    「リラックスして取り組める」

    「たくさんの先生から,学べる」

    などと,けっこう好評です。みんなが,それぞれの持ち味を出せて,他の先生たちの役にも立ち,認めてもらえ,自分も楽しい,そんなところがいいみたいです。私たちも自尊感情が満たされると,「もっとがんばっちゃおうかな~♪」と思うものですよね。決して「まな板の上の鯉」にはなりたくない…。

    そんな「異質な」スタイルを「こんなのもいいですよね~」と宣伝してくるつもりです。大人(教員)の学びが変われば,ね!どんな風に学びたいか,を私たちが実感できればいいのだと思います。