次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2009-11-15力強い仲間

     昨日は,私が所属している教育研究サークルの例会。それこそ,いろんな年代の皆さんが集まるので,私にとっての『学び合い』の場。昨日は20代のの若い先生の報告。

     学芸会の取り組みが報告されたのですが,すごかった。年間を通し

    たクラス作りの中に学芸会のねらいをしっかり位置づけている点,子どもたちの願いと教師の願いの共有化を図るために時間を惜しまないこと,何のためにこの劇に取り組むのかをしっかり子どもたちと対話しているところ,子どもたちの主体性を大切にすること,強制ではなく子どもの思いが育つのをしっかり待っていること,ゴールのイメージを子どもと語り合う事…,そして何より,子どもたちに対するあつい思いがあること。

    「そつなく」「みんなと同じ事を」「当たり障り無く」やることが良し?とされがちな,最近の風潮ですが,こんな熱い青年教師がいることに,私も「私もしっかりせんと…!」と思いました。その後の彼との飲み会も,とっても楽しかった!!

     その彼,10月の宮城の会にも来てくれていました。(懇親会ではN先生にも会って頂きました。)話していて,もうすっかり『学び合い』の考え方が板についている気がしました。力強い仲間が増えました。