次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2009-11-08つらつらと思ったこと

     今日は県の「教育の集い」。作文教育分科会に出てきました。私を含め3人しかいませんでしたが。今まで何年も,こういう場で顔を合わせて話し合ってきた仲間,というか尊敬できる先輩方です。

     先輩の実践報告は,日記指導。書き綴ることと読み合う事を大事にしながら仲間や家族とのつながりを育てていこうとするもの。都市部の学校でもあり?様々な問題を抱えた子どもも多いようです。でも,決してそれを子どものせいにせず,温かい赤ペンで,いわゆる「問題児」とレッテルを貼られてしまいそうな子どもにも,しっかり寄り添い,一枚文集を通してその子の良さを可視化しているところ,とってもステキです。

     少ない分科会なので,その報告を聞きながら,いろんな話もします。やはり感じるのは「問題」を起こしてしまう子を取り上げて「指導」してもなんら解決にはならないよな…ということ。(詳しくここには書けないけど)だって,その子にはその子の事情もあろうに…ということ。しっかり話を聞いてあげる余裕を教師が,クラスがもたないとならないよな~ということ。落ち着きがない子は,教室から連れ出されて別室指導とか,なにかもめ事があれば「どっちが悪い」とか。時にはそういう細部の指導もいるときは在るかもしれないけれど,もっと大局的に観たいよなあと思います。トラブルが在ったときが,クラスにとっても大きな学びのチャンスなんだから,そういう時こそ職業としての教師の仕事なんじゃあないのかな思います。

     話を聞いていると,教師自身も「とにかくトラブルが起きないように,起きないように」「起きたら早く火を消さなくちゃ」という感じを受けました。対症療法に追われているって言うか。それくらい,教師も追い詰められているのでしょうか。きっと,それは教師自身も,つながっていない証拠でしょうね。職員集団で解決しようというより,自己責任的な空気が学校現場にも蔓延しているのかな。

     「安心感」「居場所」「つながり」「有能観」…。必要としているのは子どもだけじゃあないようです。学校では何をこそ大事にしなくてはならないのか,そういう部分にもう一度立ち返ってみたいなあ,と思いました。体裁を整えることに目が行ってしまうと,中身を詰め忘れそうになります。そもそも,人が育つなんて,とっても時間がかかるものだろうし,思い通りになんていかないものなんですからねえ。じっくり,ゆっくり,子どもたちや保護者をはじめ,かかわる人と対話しながらやっていくしか無いと思うのですが。

     人の温かさが感じられる学校,クラスにしていこうっと。