次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2009-05-19やっとできました

    悪天候とそれに伴うグランドコンディションの極端な悪化で,延び延びになってしまった運動会がやっと開催できました。待ちに待っただけに,快晴のもとでできました。

    運動会の中の大きなメインの一つは紅白応援合戦。毎年,5,6年生を中心にアイデアを練り,下級生と一緒になって行います。審査員はPTAの会長さんや副会長さんがたです。子どもたちには審査規準を教えてあるので,それに向けて練習をしてきています。

    応援合戦本番。当初,「優勢ではないか」と思われていた赤組が,白組のまとまりのある応援の前に,意外にも5対0で敗れるという結果に。6年生の受け持ちであるから,赤も白もこれまでどんなふうに応援合戦を作ってきたか,そして燃えてきたかが分かるだけに,この圧勝(完敗)に,正直「あちゃ~」と思いました。しかし,子どもたちはさすがです。結果発表を受けて,盛り上がって退場する白組のあとに赤組の団長は,その白組の団長の声に負けないぐらいに,しょんぼりする赤組に,大きなかけ声をかけ,再度の奮起を促したのです。大人の,つまらない「心遣い」など必要ありませんでした。

    そして,最終種目の縦割り班対抗リレーでは,赤の快走もあり,(全チーム,チームベストタイム更新!!)わずか5点差で赤組が総合優勝を果たしました。

    白組はm応援合戦の快勝で,赤組は大逆転勝利で,両方とも満足のいく運動会になったようです。やっぱり,目標にむかってがんばっている人には,神様は何かのご褒美は与えてくれるものですね。(仮にリレーで赤が負けて,総合得点でも赤が負けたとしても,彼らはきっと,その中に意味を見出して,満足して運動会を終えられたでしょうけどね。それだけの子たちだと思っています。)

    (子どもたちの振り返りより)

    ○今日は運動会がありました。私たちは応援合戦の練習に気合いが入っていました。ポンポンを作ったり,りゅうを作ったりしました。みんなで協力することができました。直すところ,つけたすところもありました。そこはみんなで練習しました。そして本番,大きな声を出して応援することができました。その結果,5対0で勝てたので,とてもうれしかったです。(○さん)

    ○運動会でした。応援では,一つも玉が入らなくて○君がきれていました。リレーの前,白組に15点も差を付けられて,負けちゃうのかなあ,と思っていました。でも,1位,2位,3位が赤組で,これはもしや?と思いました。そしたら,赤343点,白338点で勝って,ヨッシャ~!!とさけびました。それにリレーで,新記録が出て(3分36秒)が出て,大成功! (■さん)