次の場所へ行こう(旧 十人十色・宮城)

  • 宮城県石巻市の小学校教員です。 小中併設極小規模校で,「地域とともにある学校」について考えながら日々の仕事を取り組んでいます。 2016年の「教室『学び合い』フォーラム」 は宮城県・東松島市コミュニティセンターを 会場に行いました。2017年は,その後をつないでのミニフォーラムを白石で実施。2018年は11/23女川町まちなか交流館で実施。その後は、学校と地域コミュニティの間を行ったり来たりしながらの毎日を創りたい、と思っています。
  • 2008-12-23冷たいようだが

     子ども一人一人の声を聞きあれこれやってあげることがいいこととは限らない,個の要求にいかにきめ細かく対応することが必ずしもよいことではないと考えられるようになったのは今年の成果の1つ。今まではそれが大事だと思っていたから。教師が介入すればするほど子どもたちは自分たちで解決することを忘れる。だれかが何とかしてくれると思ってしまう。何とかならないと「ナンデ○○してくれないのか」という。それでは,その子(たち)の本来持っている力を発揮させてあげることはできない。でも,放任とは違う。子どもたちがどう動くか,どう解決のプロセスを歩み出すか,じっと見ているつもりである。必要なときには必要なことは言う。子どもたちをコントロールする気は全くないが,目指して欲しい方向性は示す。

     私があれこれやって,見た目,うまくいったかのようにするのは,簡単だしそっちの方がずいぶん楽ちんだ。でも,それでは力が付かない。

    とんたんさんの学級便りを頂いた。実に丁寧に保護者向けに,担任が何を狙ってこうしているのか,子どもたちの今の現状はどうで,今後こうなっていくだろうなど,説明している。毎号。保護者への丁寧な説明は私には足らなかった。前任校では保護者との飲み会がわりとあったので,その中で十分話してきたし,7年もいたので,お互いある程度は分かっていた。今年は1年目という事もあり,保護者全体と話す機会もあまり無かったし,私自身積極的に出会った保護者に伝える機会を作ってこなかった。そこは反省点である。

    とにかく全ての子どもを学ぶと言うことから,逃げ出させずに,みんなでやっていきたいのである。勉強が苦手と思っている君も,君も,大丈夫やれる,みんなと一緒にやっていこう,そう思うからこそ『学び合い』を選択している。そして,だからこそ,私は子どもたちを若干突き放して,見守りたいのである。